風と木の詩

/退廃的な美しさを持つ少年ジルベール・コクトーと、まっすぐで芯の強い混血の少年セルジュ・バトゥール。対照的な二人の少年の出会いと、彼らが辿る運命を描く。作者・竹宮惠子の公式ホームページの解説によれば、二人の死までの物語が存在しているが、連載はジルベールの死までが描かれ、セルジュの死が描かれることはなかった。

  • 風と木の詩
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
風と木の詩
作者
ジャンル
少年愛/BL
レーベル
中公文庫コミック版(中央公論新社)

総合スレッド

風と木の詩(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

アンジェリン・カーライル・マディソン(風と木の詩)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
カール・マイセ(風と木の詩)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

覚えてますか?70年代少女漫画黄金期名作10選
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

世界観

物語の舞台は、一九世紀後半のフランス。全二部で構成されており、第一部は南フランスのプロバンス地方のアルルにある、ラコンブラード学院を中心に進行する。貴族と高級娼婦の間に生まれたセルジュ・バトゥールは、転入先のラコンブラード学院で、ジルベール・コクトーと同室になる。学生や院長先生と肉体関係に浸り、周囲から腫物扱いされているジルベールに、セルジュはしだいに惹かれていく。特異な生い立ちから、叔父(本当は実父)のオーギュスト・ボウに肉体と精神を支配されていたジルベールだが、やはり複雑な生い立ちを持ち、孤独な心を抱えるセルジュと魂を共鳴させていく。そして学院の仲間たちの協力を得て、オーギュストの影響から逃れるべく、学院から脱走するのだった。

続く第二部では、パリで生活を始めたものの、しだいにすれ違っていくセルジュジルベールの様子が、多彩なエピソード共に語られる。そして大きな悲劇によりジルベールが死に、抜け殻のようになったセルジュが己を取り戻すまでが描かれる。

時代背景

風と木の詩』は、小学館発行の「週刊少女コミック」1976年10号から1980年21号にかけて第1部が、小学館発行の「プチフラワー」1981年冬の号から1984年6月号にかけて連載された。また、番外編『幸福の鳩』が、1991年11月、角川書店より刊行されたイラスト集『海の天使』に、描き下ろしで収録された。作品の構想は早い段階からあり、竹宮惠子公式HPには、「物語の種は既に1970年に生まれており、実際に連載が始まるまで6年を費やしている」と記されている。1970年代初頭の少女漫画界は、まだ作品の主人公は少女でなければならないという考え方が一般的であり、男性同士の同性愛を取り入れた『風と木の詩』の内容は先鋭的すぎた。1971年から連載の始まった『空が好き』で少年を主人公にした作品を発表するなど、萩尾望都たちと共に、少女漫画の領域を拡大する創作が、しばらくは続く。そして満を持して、『風と木の詩』の連載が開始されたのである。連載第1回に、ジルベール・コクトーの同性愛のシーンを持ってきたことで、作品は最初から大きな話題を呼んだ。そして男性同士の恋愛を描く、その後の、やおい文化やBL物の誕生に、大きく寄与することになったのである。

あらすじ

第一部

1880年11月の南フランス。プロバンス地方のアルルにあるラコンブラード学院に、貴族と高級娼婦の間に生まれ、とび色の肌を持つセルジュ・バトゥールが転入してきた。セルジュと同室になったジルベール・コクトーは、学院の生徒や院長先生と肉体関係を持つ、美貌の少年だ。特異な生い立ちから、叔父(本当は実父)の、オーギュスト・ボウから、肉体と精神を支配されているジルベール。一方、セルジュの方も、複雑な生い立ちを持っていた。最初はジルベールの在り方に戸惑いながら、しだいにセルジュは彼に惹かれていく。孤独な魂を響かせながら、二人は接近していった。

第二部

ついに結ばれたセルジュジルベールは、オーギュストの影響から逃れるべく、学友たちの協力を得て、学院から脱走する。パリに行き、新たな生活を始めた二人。しかし生活に追われるセルジュと、それが理解できないジルベールの心は、しだいにすれ違っていく。そして売春組織の元締めから薬を打たれ、阿片の虜になったジルベールは、悲劇的な死を迎えた。抜け殻のようになるセルジュだが、大きな欠落を抱えたまま、己を取り戻すのであった。

番外編

1888年のパリで、ピアニストとして活躍するセルジュ。その演奏会で、セルジュジルベールと学院時代にかかわった、ジュール・ド・フェリィアリオーナ・ロスマリネが再会する。少年時代から歪んだ関係にあった二人だが、彼らはセルジュの現在の姿を見て、未来に踏み出していく。

特殊設定

風と木の詩』の大きな特色は、男性同士の同性愛を大胆に取り上げたところにある。1975年に発表した『夏への扉』にも同性愛の要素を入れたりと、『風と木の詩』以前から、竹宮惠子の関心は表明されていた。しかし『風と木の詩』には、いままでにない直截的な表現で、同性愛が描かれている。ストーリーそのものは、オーソドックスな青春群像物語であるが、大胆な同性愛の扱いが、『風と木の詩』を独自の作品にしていたのである。

関連商品

1978年、小学館よりイラスト集『風と木の詩』が刊行されたが、別作品も収録されている。1983年、小学館よりイラスト集『LE POEME DU VENT ET DES ARBRES 風と木の詩 竹宮恵子豪華イラスト集』が刊行された。また、OVA『風と木の詩』のムック本に、学習研究社の『風と木の詩 絵コンテ集』、小学館の『風と木の詩 sanctus -聖なるかな-』がある。

メディアミックス

ラジオドラマ

ジルベール・コクトーの声を、郷ひろみが担当した。白泉社文庫版『風と木の詩』第三巻の解説で、脚本家の井沢満が「TBSラジオで『風と木の詩』の一巻目のさわりだけを郷ひろみのジルベール・コクトーでミニドラマ化したことがあり、その時脚本を書いたのが駆け出しであった私である」と記している。

舞台

1979年5月、劇団『エイプリルハウス』によって、東京の目黒区民センターで上演された。セルジュ・バトゥールを中川州、ジルベール・コクトーを若木え芙(現・わかぎゑふ)が演じている。

音楽

1980年、日本コロムビアからイメージアルバム『風と木の詩』が発売された。1984年、日本コロムビアからイメージアルバム『風と木の詩 ジルベールのレクイエム』が発売された。1985年、日本コロムビアから『風と木の詩 シンセサイザー・ファンタジー』が発売されたが、1980年の『風と木の詩』を、シンセサイザーで演奏したものである。また、1987年には、ポニーキャニオンより、OVA『風と木の詩』のサントラ盤『風と木の詩 音楽編 SANCTUS -聖なるかな-』が発売された。

OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)

1987年11月、ポニーキャニオンより発売された。監督は、安彦良和セルジュ・バトゥールの声を小原乃梨子、ジルベール・コクトーの声を佐々木優子が担当した。

小説

風と木の詩』の続編となる小説『神の子羊』全三巻が、光風社出版より、1992年から1994年にかけて刊行されている。イラストは、竹宮惠子。作者の、のりす・はーぜは、竹宮惠子のマネージャー的な立場で、十数年にわたり行動を共にした増山のりえである。

著名人との関わり

小学館のフラワーコミック版『風と木の詩』第一巻の解説「万歳! ジルベール」で、詩人・演出家・小説家等の多彩な活躍で知られる寺山修司は、『風と木の詩』は、少女コミック風に描かれた、価値紊乱の世界である。その出現は、パリの文壇に、作者不明の『O嬢の物語』やマルキ・ド・サドの『ジュスティーヌ』が出現したときのような大事件を思わせる」と述べ、さらに「これからのコミックは、たぶん『風と木の詩』以後という呼び方で、かわってゆくことだろう」と称揚している。

作家情報

竹宮惠子は、1950年、徳島県徳島市に生まれる。中学時代から本格的に漫画を描き始め、同人誌「宝島」に参加した。1967年、「COM」に投稿した『ここのつの友情』が佳作入選となり、漫画家デビューを果たす。1968年には、『りんごの罪』が、「週刊マーガレット」の新人賞に佳作入選した。その後、幾つか作品を発表し、大学を中退して上京。本腰を入れて漫画家としての活動を始める。東京都練馬区南大泉にある共同アパートで暮らすが、ここに少女漫画家が集まり、『大泉サロン』と呼ばれるようになった。また、集まった少女漫画家に、昭和24年及び、その前後に生まれた少女漫画家が多いことから、二四年組という呼称も誕生している。

一時期はスランプもあったが、『ファラオの墓』で人気を獲得すると、『風と木の詩』『地球へ…』と、次々とヒット作を発表。1979年には『風と木の詩』『地球へ…』で、第25回小学館漫画賞の少年少女部門を受賞した。2000年には、京都精華大学マンガ学部の教授となり、学部長を経て、2014年、学長に就任した。また2014年に、紫綬褒章を授与されている。

登場人物・キャラクター

主人公
『風と木の詩』の主人公のひとり。黒い瞳、とび色の肌をした混血の少年。14歳。生真面目な性格で、ピアニストとして高い才能を持つ。子爵家の跡取りであった父アスラン・バトゥールとジプシーの高級娼婦パイヴァの...
主人公
『風と木の詩』の主人公のひとり。金髪碧眼、少女のような面差しの妖艶な美少年。14歳。生徒から教師まで多くの男性を惑わし、性的関係を持っている。高名な詩人であるオーギュスト・ボウが義兄ペール・コクトーの...
高名な男性詩人。35歳。遠く離れたマルセイユの海の天使城に住みながら、莫大な金額の寄付によって自らの出身校でもあるラコンブラード学院を裏から操り、生徒総監アリオーナ・ロスマリネにジルベール・コクトーを...
ラコンブラード学院の生徒で、セルジュ・バトゥール、ジルベール・コクトーの同級生。めがねをかけ、無精ひげが目立つ17歳の青年。最上級の官吏職に就くため、主席卒業を狙っており、そのために三年連続落第生とな...
ラコンブラード学院の生徒で、セルジュ・バトゥール、ジルベール・コクトーの同級生。級長を務める真面目な優等生で、教師陣からの信頼も厚い。街の下宿から学院に通う身ながら、下級生が使う寮のB棟監督生でもある...
パスカル・ビケの妹。容姿にコンプレックスを持っていたが、セルジュ・バトゥールと出会い、美しく生まれ変わる。その後、職業婦人となり、本の編集者となる。パリでセルジュ・バトゥールとジルベール・コクトーの生...
セルジュ・バトゥールの従姉妹。バトゥール家の後見人となったセルジュ・バトゥールの伯母の娘。セルジュ・バトゥールに心惹かれるが、受け入れてもらえず、もみ合いの末に顔に火傷を負う。後にオーギュスト・ボウに...
ラコンブラード学院の生徒で、学業優秀な優等生。白い王子と呼ばれる、金髪で美しい容姿を持つ。セルジュ・バトゥール入学時の生徒総監だが、生徒総監になるためにオーギュスト・ボウを利用しようとするが逆に薬を盛...
ラコンブラード学院の生徒で、アリオーナ・ロスマリネとは昔なじみで、没落落族の出のため、アリオーナ・ロスマリネに学費を免除してもらっている。アリオーナ・ロスマリネがオーギュスト・ボウによって生徒総監を罷...
パリで活躍する彫刻家。男色家でもある。芸術家だけあって美しいものを深く愛する。オーギュスト・ボウには毛嫌いされているが知人であり、彼の家を訪れた際にジルベール・コクトーの美しさに幻惑され、彼を誘拐して...
ジャン・ピエール・ボナールの一番弟子。ジルベール・コクトーを毛嫌いしており、ジルベール・コクトーがジャン・ピエール・ボナールの家に居候をしていた際、追い出そうとしてもみ合い、ジルベール・コクトーが自ら...
ラコンブラード学院の生徒。セルジュ・バトゥールの後輩で、女性のような色香を振りまき、彼を誘惑しようと試みる。
ラコンブラード学院の教師。アスラン・バトゥールの3つ先輩で音楽のライバルだった。5歳のセルジュ・バトゥールの演奏を聞いて教師になることを決意した。
ラコンブラード学院の生徒で、授業のノートやレポートと引き替えにジルベール・コクトーの身体を弄ぶ。
アスラン・バトゥールを教えた音楽教師。セルジュ・バトゥールの才能に惚れ込み、弟子とする。
ラコンブラード学院の教師で舎監。アスラン・バトゥールと親しく、ラコンブラード学院では彼の3つ先輩。バトゥール子爵家の召使いリデルに思いを寄せていた。アスラン・バトゥールの息子セルジュ・バトゥールを気に...
ラコンブラード学院の生徒でカール・マイセの弟。セルジュ・バトゥールに憧れている。
ラコンブラード学院の生徒だったがジルベール・コクトーの企みによりセルジュ・バトゥールに暴力を働こうとしたが失敗、アリオーナ・ロスマリネにより放校処分にされた。
パリを仕切る麻薬の元締め。ジルベール・コクトーに目をつけ、彼を目をつけ、手に入れようと執拗に付け狙う。
セルジュ・バトゥールの父で、バトゥール子爵家の跡取り。ラコンブラード学院在学中に結核を患い、1年間休学していた。ピアノの才能を持ち、ピアニスト志望であったが、父ジョセフ・ルイ・バトゥールの強い反対を受...
高級娼婦(ココット)を生業としており、ジョルジュ・ルイ・ガルジェレの愛人として囲われていたが、アスラン・バトゥールと深く愛し合い、駆け落ちする。アスラン・バトゥールが亡くなったあと、セルジュ・バトゥー...
パイヴァを囲っている老人。侯爵の地位にあり、社交界で絶大な権力を誇る。
バトゥール子爵家の召使い。アスラン・バトゥールに好意を寄せており、パイヴァとの恋をかたくなに反対した。
セルジュ・バトゥールの従姉妹。セルジュ・バトゥールに想いを寄せている。事故により顔面に火傷を負い、セルジュ・バトゥールはその責任を感じている。オーギュスト・ボウの企みで彼と婚約することになるが、後に破...
対外的にはジルベール・コクトーの父親ということになっている。オーギュスト・ボウの義兄で、彼を虐待していた。アンヌ・マリーの夫。初めは愛のない結婚だったが、ジルベール・コクトーを産んだことの罪悪感に苛ま...
ペール・コクトーの妻。オーギュスト・ボウを誘惑し、不義の子ジルベール・コクトーを産む。ふたりを嫌悪し、避けるように暮らしている。
ピケ家の末っ子で、パスカル・ピケにかわいがられているが、父親が別の女性に産ませた異母弟。
セルジュ・バトゥールの祖父で、アスラン・バトゥールの父。パイヴァとアスラン・バトゥールの恋に反対していたが、アスラン・バトゥール亡き後、パイヴァを許し、二人の仲を反対したことを後悔して死亡。

集団・組織

『風と木の詩』の舞台で、フランス、アルルにある寮制の男子校。ジルベール・コクトーやセルジュ・バトゥールらが通学している。

場所

フランス、マルセイユにある城館。ジルベール・コクトーが育った故郷でもある。ペール・コクトーの所有する城だったが、現在はオーギュスト・ボウに譲られている。