ヒット・エンド・ラン

ヒット・エンド・ラン

廃部寸前の野球部のキャプテンとなったラン(遠藤蘭)が成長する姿を描いた漫画。あや秀夫の代表作。

正式名称
ヒット・エンド・ラン
作者
ジャンル
野球
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

稲葉中学校野球部は3年生が抜けた後、1勝はおろか1点も取れずコールド負けを繰り返し、地区大会を前に廃部の危機を迎える。キャプテンのラン(遠藤蘭)は、「これが最後の試合」と初人ひろみなど気弱なチームメイトを鼓舞して猛練習を重ね、同級生の郁美が見守る中、1回戦・光陵中学校との試合に臨む。

登場人物・キャラクター

遠藤 蘭 (えんどう らん)

線が細く気弱そうな男子。初登場時は稲葉中学校の2年生で野球部員。ポジションはサード。3年生が抜けた後、主将となるが、監督もコーチもいない状態でコールド負けを繰り返す。練習用のボールも満足に無い中で猛練習を繰り返し、地区予選の1回戦で強豪光陵中学校と対戦し勝利を果たす。 次の大会を目指す中、父親の転勤で関中学校に転校し、野球部に入部。再び猛練習の末、ベンチ入りメンバーに抜擢される。ライト、サードを守って好守・好打を見せた他、ピッチャーとしてもマウンドに登った。麻野久美子との出会いを通じて一時スランプに陥るが、後に野球の本当の素晴らしさを知る。 中学校卒業後、父親の転勤によって稲葉高校に進学し、再び稲葉中学校時代の仲間達と共にプレーする。

(りゅう)

初登場時は稲葉中学校に在学し野球部のピッチャーだったが、3年生が抜けた後のチームの不甲斐なさが嫌になり、名門の私立光陵中学校に転校する。地区大会1回戦で稲葉中学校と対戦し、ラン(遠藤蘭)達と再会する。

ひろみ

前髪のそろった小柄な男子。稲葉中学校に在学する。野球部員でポジションはセカンド。家は八百熊という八百屋を営んでいる。千絵に恋をする。

郁美 (いくみ)

ロングヘアの女子。のちにショートヘアになる。初登場時は稲葉中学校の2年生。廃部寸前の野球部で奮闘するラン(遠藤蘭)に「ヒット・エンド・ランをきめよう」と声を掛け、応援し続ける。野球の上手い友人早坂亜季を野球部に紹介して、彼女が入部するきっかけを作った。 中学校卒業後は稲葉高校に進学し、ラン(遠藤蘭)と再会する。

初人 (はつと)

小柄な男子。稲葉中学校に在学する男子。野球部員でポジションはショート。全く打てなかったが、光陵中学校との試合ではラン(遠藤蘭)のアドバイスの元で奇跡的にバットに当てる。身体が小さいため、守備の際にボールに思うように届かないのが悩み。女子ながら入部してきた早坂亜季に当初は反発するが、アドバイスを受け入れて練習に励む。 卒業後は稲葉高校に進学。

番場 茂男 (ばんば しげお)

身体の大きな男子。稲葉中学校に在学する。野球部員でポジションはファースト。関中学校に転校したラン(遠藤蘭)に手紙でみんなの近況を伝え、稲葉高校に進学して再開する。

(ごう)

眼鏡をかけて襟足が跳ね上がった男子。稲葉中学校に在学する。野球部員でポジションはピッチャー。地区予選1回戦の光陵中学校との試合では1人で投げ抜くが、肩を壊してしまう。身体の弱い弟博がいる。卒業後は稲葉高校に進学し、ラン(遠藤蘭)と再会する。

葵 麻呂 (あおい まろ)

整った顔の男子。初登場時は中学校2年生。学習館中等部から稲葉中学校に転校し、ラン(遠藤蘭)のクラスに転入した。キザでプライドが高く、郁美に目をつけ、前の学校では野球部でエースで4番だったと語る。これを聞いたラン(遠藤蘭)の熱心な誘いで野球部に入部し肩を痛めた剛に変わってピッチャーとなるが、地区予選では打ちこまれてしまう。 大きな家に住み、「葵家の再興」が使命と自負している。卒業後は東京の私立名門高校を受験するが失敗し稲葉高校に進学。野球部でラン(遠藤蘭)と再会した時には、伸びのある打ちにくい球を投げるピッチャーに成長していた。

早坂 亜季 (はやさか あき)

ショートヘアーの女子。初登場時は稲葉中学校の2年生。郁美の友人で、野球部に入部する。大人に交じって野球をプレーし、セカンドとショートを守った経験がある。他の選手の技量を見抜く事に優れ、入部後はコーチ役となる。稲葉高校に進学後は野球部のマネージャーとなる。 高校で再会したラン(遠藤蘭)と郁美の仲を気にかけている。

麻野 久美子 (あさの くみこ)

セミロングの女子。初登場時は関中学校の2年生。転校してきたラン(遠藤蘭)に積極的に話しかけ、頻繁に野球部の練習時に現れるようになる。ウイニングボールをウエディングボールと呼ぶなど、野球の知識はあやしい。難病を抱え、野球部が地区予選大会に入った時には入院していた。

左京 (さきょう)

髪が長く不気味な表情の男子。初登場時は関中学校の3年生でラン(遠藤蘭)より1学年上。野球部員でポジションはサード。サードのポジションを邪魔する者は半殺しにされると噂が立っていた。サードを希望するラン(遠藤蘭)に対し、練習試合でラフプレイを仕掛けるなど威嚇的な態度を取っていたが、のちに真摯な練習姿勢を見て認めるようになる。 卒業後はプロを目指すと宣言する。

熊沢 (くまざわ)

初登場時は関中学校の2年生で野球部員。ポジションはキャッチャー。ラン(遠藤蘭)と同学年で、励まし合いながら猛練習に耐え、試合ではバッテリーを組む。ラン(遠藤蘭)と共に麻野久美子が難病に侵されていることを知っている。3年生が卒業した後は主将に抜擢される。 卒業後は関商高校から誘われ進学する。

甲斐 (かい)

無骨な顔の男子。初登場時は関中学校の3年生でラン(遠藤蘭)より1学年上。野球部員でポジションはピッチャー。ホップする快速球を投げる。当初は傲慢な部分もあったがラン(遠藤蘭)の真摯なプレーに感化されチームプレイをするようになった。

大政 (おおまさ)

稲葉高校野球部員でラン(遠藤蘭)達より1学年上。当初はサードだったが体格の良さを見込まれてキャッチャーになった。

アニメ

がんばれ!ぼくらのヒットエンドラン

因幡中学野球部は、3年生が抜けた後、18連敗というさんざんな成績だった。そのため、校庭はサッカー部優先となって使えず、公式試合へ参加も許可されないが、野球への情熱を持ち続けるキャプテンの遠藤蘭の熱意が... 関連ページ:がんばれ!ぼくらのヒットエンドラン

SHARE
EC
Amazon
logo