ヒーローくんに恋してるっ!

ヒーローくんに恋してるっ!

チビで泣き虫、弟のように守ってあげなきゃいけないと思っていた幼なじみの男の子が、空手で身体を鍛え、ヒーロー番組に出演する若手俳優に。隣に住み、家族のように思っていた彼が成長し、自分を守ってくれる存在になっていく。芸能界と学園を舞台に繰り広げる、中学生のラブコメディ。小学館「ちゃお」2020年8月号から連載中。

正式名称
ヒーローくんに恋してるっ!
ふりがな
ひーろーくんにこいしてるっ
作者
ジャンル
ラブコメ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

15歳の中学生の早見千夏は、同級生の幼なじみの長月北斗が出演するヒーロー番組を見るために日曜の朝は頑張って早起きをする。お母さん、おじいちゃんとともに北斗の演技を褒めていると、照れながら北斗が部屋に入ってきた。北斗は隣の家に住んでいるが、両親が仕事で留守がちなので、いつも早見家でご飯を食べていた。学校でも昼休み、二人はじゃれながら弁当を食べていて、周りから姉弟みたいだとからかわれる。その日は雨が降り始め、千夏の大嫌いな台風がきていた。口の悪い北斗のマネージャー、碓井直也が仕事のため、北斗を迎えにきた。台風の苦手な千夏を心配し、夜までに必ず会いに行くからと言い残し、北斗は仕事に向かった。台風のため、早めに下校した千夏は、雨の中、空手道場の子供を探しているおじいちゃんを見かける。その子がまだ家に帰っていないと聞いた千夏は、心配して一緒に男の子の捜索を手伝った。増水する川の近くで遊んでいた男の子を見つけた千夏は、「近づいちゃダメ。台風の川は人が死んじゃうんだから」とその男の子を叱った。千夏の父は警察官で、台風の日に川で溺れた子供を助け、死んでしまい、それから千夏は台風が苦手になった。雷に怖がってしゃがんでいる千夏と男の子のところにグラついていた看板が飛んできた。子供を守ろうと男の子に覆いかぶさる千夏。その時、北斗が現れ、飛んできた看板を蹴り飛ばし、二人を助けたのだった。千夏の父が死んでから、ヒーロー番組を見なくなってしまった千夏。北斗は昔のように千夏にヒーロー番組を見て笑って欲しかったため、俳優のスカウトを受けたのだった。チビで泣き虫だった北斗の手が、大きくて力強くなっていたことに驚く千夏。碓井は北斗が看板を蹴り上げ、千夏を助けたシーンを勝手に撮影。その動画をアップし、北斗は一躍時の人になってしまう。

登場人物・キャラクター

早見 千夏 (はやみ ちなつ)

中学生の女の子。15歳で、おじいちゃんとお母さんと暮らしている。おじいちゃんは家で空手道場を営み、自分も空手を習っていた。父親は警察官だったが、台風の日に川で溺れた子供を助けて亡くなってしまう。それ以来、千夏は台風が苦手になってしまった。素直で明るく、世話好きな女の子。髪型は腰までの長さのロングヘアで、少しウェーブがかかっている。ハリネズミ「イガさん」をペットとして飼っている。

長月 北斗 (ながつき ほくと)

中学生の男の子。早見千夏の幼なじみの同級生で身長は167センチ。黒髪で毛先を少し遊ばせている。千夏の隣の家に住み、家族ぐるみで付き合っている。両親が仕事で留守がちなので、いつも早見家でご飯を食べている。小さい頃はチビで泣き虫だった。空手道場をやっている千夏のおじいちゃんの弟子。空手の試合でスカウトされて、千夏を喜ばせようとヒーロー番組に出演する俳優になった。千夏のことを女の子として見ており、彼女を守れる男性になりたいと思っている。

碓井 直也 (うすい なおや)

長月北斗のマネージャーの男性。背が高く、自分のことを「スペシャルマネージャー」と呼ぶ。口が悪く、オネエ語で話す。早見家のお弁当を見て、茶色い油物ばかりだと北斗の体型を心配する。北斗のことを新人とバカにしていたが、早見千夏を助けるシーンを見て「カッコいい、売れる」と思い、千夏と引き離そうとする。しかし、北斗のカッコ良さは千夏がいてこそ光ると思い直し、千夏にマネージャー助手を依頼する。

SHARE
EC
Amazon
logo