ビッグウイング

ビッグウイング

日本最大級の国際空港、東京国際空港、、通称「ビッグウイング」のツアーデスクで働く、新人の受付係である吉川久美子の奮闘を描く一話完結形式のヒューマンドラマ。乗客たちの悩みを、お節介焼きの久美子が体当たりで解決していくのが物語の流れである。引野真二の代表作であり、原作は矢島正雄が担当している。

正式名称
ビッグウイング
作画
原作
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

吉川久美子は、東京国際空港、通称「ビッグウイング」の案内カウンターで働く、明るく元気な新人職員。お節介焼きで間が抜けているためにトラブルメーカーとして有名な久美子だったが、彼女の困っている人を放っておけない性格は多くの人を惹きつけていく。最初こそキャビンアテンダントを目指していた久美子は、やがて受付としての仕事に誇りを持っていくようになる。

今日も久美子はお客様のために奮闘していくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

東京国際空港旅客ターミナルで働く新人の案内係。元々はキャビンアテンダント志望で航空会社スカイジャパンの面接を受けるも、落ちて現在の職場に就職する。乗客に愛を配ることをモットーとしており、常に笑顔で元気... 関連ページ:吉川 久美子

江頭 主任

吉川久美子の上司である女性。お節介焼きであり、しばしば自分の仕事を忘れてしまう久美子を厳しく指導している。しかし、全ての乗客に同等のサービスを提供するという、彼女なりの真心を持っており、久美子のことも認めている。

磯部

航空会社スカイジャパンの社長。吉川久美子のことを非常に高く評価しており、彼女の最終面接に居合わせなかったため、久美子を採用し損ねてしまったことを後悔している。その後も久美子を自社に迎えようと画策している。

花山

航空会社スカイジャパンの常務。吉川久美子を最終面接で落としてしまった張本人。久美子のことは、ただのお節介焼きで騒がしいだけの小娘と思い込んでいる。

集団・組織

スカイジャパン

『ビッグウイング』に登場する企業。磯部が社長を務める、吉川久美子がキャビンアテンダントになるべく面接を受けた航空会社。最終面接時に磯部が不在であったため、久美子を落としてしまう。

場所

ビッグウィング

ショッピングや食事など様々なテナントが入っており、毎日15万人もの人々が利用する東京国際空港の旅客ターミナルであり、吉川久美子の勤め先。彼女が担当するツアーデスクでは、施設の案内から鉄道のチケットの予... 関連ページ:ビッグウィング

SHARE
EC
Amazon
logo