プレイボール

プレイボール

ちばあきお原作の同名漫画『プレイボール』のアニメシリーズ第1弾。主人公の谷口タカオを中心に、目的に向かって努力する野球部を描いた作品。派手さはないものの、練習の大切さ、野球というスポーツの面白さを丁寧に描写している。1976年、同時期に月刊少年ジャンプで連載した『キャプテン』と合わせて第22回小学館漫画賞を受賞。

正式名称
プレイボール
ふりがな
ぷれいぼーる
原作者
制作
マジックバス
放送期間
2005年7月4日 〜 2005年9月26日
放送局
TOKYO MX
話数
13話
ジャンル
野球
関連商品
Amazon 楽天

概要

中学時代の試合中、怪我をした指で無理をしたため、利き腕の指が曲がらなくなり、野球を断念せざるを得なかった谷口タカオは、野球への未練を断ち切るためにサッカー部のキャプテンである相木の勧誘を了承してサッカー部に入部する。

サッカーは初心者だったが、持ち前の努力でメキメキ実力を上げ、レギュラーにまで昇格する。しかし、野球への未練は断ち切りがたく、いつまでも谷口タカオの心にくすぶっていた。

登場人物・キャラクター

主人公

墨谷高校の1年生。かつて墨谷二中の野球部キャプテンとして、全国優勝校の青葉学園に勝利した経験を持つ伝説のキャプテン。しかし、試合中に怪我をした指で無理に投げ抜いたため、利き手の人差し指が伸びたまま曲が... 関連ページ:谷口 タカオ

墨谷高校の3年生で野球部キャプテンを務める。大柄な体格で口調が乱暴なため怖いイメージを持たれるものの、実際には面倒見が良く、チーム内の雰囲気を盛り上げる野球部のムードメーカー的な存在。 野球は楽しくが... 関連ページ:田所

墨谷高校の3年生で野球部所属。墨高唯一の左投げ左打ちの選手。ポジションはファーストで、守備はソツなくこなすなど、野球の能力自体は悪くない。谷口タカオに打席を奪われ関係が悪化するが、谷口タカオの努力を目... 関連ページ:佐々木

墨谷高校の2年生で野球部所属。かなりの運動能力を誇る選手で、100メートルを11秒台で走り肩も強い。また走力を活かした守備範囲も広く、バットコントロールも上手い。普段はクールで口数も少ないが、ここぞと... 関連ページ:太田

墨谷高校の2年生で野球部所属。負けん気が強くプライドが高い。また気分屋で調子に乗りやすいのも欠点である。野球部ではエースピッチャーを務めているが、その能力は極めて平均的で、突出した能力はない。 投げら... 関連ページ:中山

墨谷高校の3年生でサッカー部所属。サッカー部のエースストライカーで、当たり負けしない大柄な体格が特徴。最初から谷口タカオの中学時代の激闘を知っていた。そのため、簡単に野球からは離れられないと感じていた... 関連ページ:今野

墨谷高校の3年生でサッカー部のキャプテンを務める。野球部のキャプテンである田所とは友人関係がある。谷口タカオの素質に注目し、サッカー部に勧誘して入部させることに成功するが、谷口タカオが野球に未練がある... 関連ページ:相木

墨谷二中の2年生で谷口タカオの後輩。丸井と同じく谷口タカオを心配して様子を見に来ていた。ハッキリ物を言うタイプで、そのため周囲との摩擦も絶えなかったが、現在は谷口タカオや丸井の考えを受け入れ、多少は性... 関連ページ:イガラシ

墨谷二中の3年生で谷口タカオの後輩。野球部のキャプテンを務めている。弱小野球部を強豪に変えた前キャプテンの谷口タカオを崇拝しており、野球を断念した谷口タカオを心配してよく顔を出していたため、野球に復帰... 関連ページ:丸井

墨谷高校の2年生で野球部所属。谷口タカオが野球部入部当時はサードを守っていたが、その後レフトにコンバートしている。パワーは野球部内ではトップクラスで長打力が高い。 一発が怖いバッターとして他校にも警戒... 関連ページ:山口

クレジット

原作

総監督

出崎哲

シリーズ演出

高橋滋春

総作画監督

桝井一平

音楽

和田薫

アニメーション制作

マジックバス

原作

プレイボール

中学時代の怪我の後遺症で野球を諦め、高校ではサッカー部に入部した谷口タカオ。持ち前のガッツでサッカー部でもレギュラー候補となるが、野球への思いを捨てきれず、再び野球を始めることとなる。万年1回戦負けの... 関連ページ:プレイボール

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo