ヘウレーカ

時は第二次ポエニ戦争の真っ直中。ローマとカルタゴの戦争の影響はシラクサにも及びはじめた。やがてその戦いに巻き込まれたスパルタ人の青年ダミッポスは、戦争の被害者ではなく、当事者として両軍の戦いに関わっていくことになる。

  • ヘウレーカ
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ヘウレーカ
作者
ジャンル
古代ローマ
レーベル
ジェッツcomics(白泉社)

総合スレッド

ヘウレーカ(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

エピキュデス(ヘウレーカ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
ローマ(ヘウレーカ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

古代文明を解き明かす!?古代ギリシア漫画5選
マンガペディア公式 2015.12.22 19:35

概要

ローマカルタゴが激突する第二次ポエニ戦争の真っ直中、スパルタ人の青年ダミッポスは、政治的混乱状況にある故郷を逃れて、シチリアの中心都市シラクサで暮らしていた。恋人のローマ人女性・クラウディアとの平和な一時を過ごすが、やがて戦争の影響はシラクサにも及んでくる。カルタゴ兵に連行されて消息不明になった家族を心配するクラウディアと共に、ダミッポスは親ローマ派の老学者アルキメデスのもとへ身を寄せることに。

そこで、シラクサ軍の司令官であるエピキュデスと出会ったことがきっかけとなり、シラクサに攻め寄せるローマ軍との戦いに関わっていくこととなる。

登場人物・キャラクター

主人公
政治的混乱の状況にある故郷からシラクサへと逃げてきたスパルタ人。勇猛果敢で寡黙を美徳とするスパルタ人のイメージからはかけ離れた優男で雄弁家。頭脳もすこぶる明晰で、天才学者であるアルキメデスにも「古くか...
主人公
ローマ人でありながら、生まれ育ったシラクサをこよなく愛する。スパルタ人の青年ダミッポスとは恋人関係。カルタゴ兵により両親と兄を連行された際は、たまたまダミッポスと外出していたため、難を逃れた。その後、...
シラクサに住む天才数学者にして発明家。その高名は地中海世界全体にとどろいている。70歳を過ぎた高齢で、研究に関しては衰え知らずだがそれ以外はおぼつかない。頭脳明晰なダミッポスを気に入り、古くからの弟子...
シチリア島にある都市・シラクサの軍司令官。長きにわたってカルタゴに亡命しており、その間軍略の天才として知られる英雄ハンニバルの下に身を寄せていた。ハンニバルの後ろ盾を得てシラクサへの帰還を果たしたエピ...
第二次ポエニ戦争を開始したカルタゴ軍の司令官で、ローマ軍にとって最大の敵と見なされている軍略家。戦場における采配は天才的で、カンネーの戦いにおいては、装備と数で勝るローマ軍に壊滅的な打撃を与えて勝利し...
ローマ軍の司令官として幾度もハンニバルに挑んでは彼を悩ませ、人々からローマの剣と呼ばれるに至った英雄。半ば引退していたものの、カルタゴ軍の攻勢に遭って現役に復帰した。シラクサの街を攻めるものの、アルキ...
ローマ軍の副司令官であり、シチリアの総督として、軍勢を率いてシラクサの要塞であるエウリュアロスを攻める。しかし、アルキメデスが開発した防御兵器エウリュアロスの車輪によって大損害を被り、退却を余儀なくさ...

場所

『ヘウレーカ』に登場する都市。シチリア島の中心都市。アルキメデスが考案した防御用兵器が街のあちこちに配置されており、攻め寄せるローマ軍を大いに苦しめた。
『ヘウレーカ』に登場する都市。イタリア半島の都市国家のひとつだったが、徐々に勢力を拡大する。カルタゴとの間に三度にも及ぶポエニ戦争を展開した。
現代のチュニジア共和国のチュニス湖東岸にあった古代都市国家。作中の時代ではローマとの間に第二次ポエニ戦争を展開しており、将軍であるハンニバルを中心に激しい戦いを繰り広げた。
『ヘウレーカ』に登場する要塞。シラクサを見下ろすエピポライ台地は戦の際に重要なポイントであり、周囲30キロにも及ぶ城壁で囲まれている。その西の端に築かれたのがエウリュアロス要塞。ここにはアルキメデスが...

イベント・出来事

『ヘウレーカ』で繰り広げられた戦争。ローマとカルタゴの間で、紀元前219年から紀元前201年にかけて行われた。カルタゴの将軍であるハンニバルがローマ側にたびたび大きな損害を与えたため、ハンニバル戦争と...