テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

古代ローマの浴場設計技師ルシウス・モデストゥスが、ふとしたきっかけで現代日本の銭湯にタイムスリップ。それまで見たことのない風呂文化に触れたルシウスは、大きなカルチャーショックを受けることとなる。書店員の選ぶマンガ大賞2010受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞、「このマンガがすごい!」2011年版オトコ編2位、全国書店員が選んだおすすめコミック2011で3位入選。

概要

ハドリアヌス帝が治める西暦130年代の古代ローマ。浴場の設計を生業にしている技師・ルシウス・モデストゥスは、日々革新的な建造物が生まれていく世相についていけず、失業の危機にあった。そんなある日、大衆浴場で身体を湯の中に沈めたルシウスは、壁に空いた穴に吸い込まれてしまう。命からがら水面へ出ると、なんとそこは彼が生きていた時代から約1900年後の日本の銭湯だった。

ルシウスは風呂場を通してタイムスリップしていたのだ。そうとは知らない彼は、未知の様式で作られた日本の銭湯にカルチャーショックを受ける。そして、またふとしたきっかけで古代ローマへ戻った彼は、日本の銭湯で得たヒントをもとに革新的な設計を連発。やがてハドリアヌス帝からお呼びがかかるほどの名声を勝ち得ていく。

登場人物・キャラクター

主人公

ローマにおいて浴場専門の建築技師を務めている、愛国心あふれる職人気質の男。頑固で融通の利かない性格のため、建築業界の流行から取り残され、職を失う危機にあった。だが風呂の湯を通して古代ローマと現代日本を... 関連ページ:ルシウス・モデストゥス

マルクス・ピエトラス

ローマ在住の石工で、腕の良い彫刻家。ルシウスとは旧知の間柄で、仕事や夫婦関係など様々な悩み事を抱えるルシウスの相談によく乗っている。現代日本で着想を得てきたルシウスが、様々な発明品を形にできるのも、身近に手先が器用なマルクスの存在があるからこそ。

ローマを統治する皇帝で、聡明で内政面に優れた手腕を示しており、五賢帝のひとりに数えられるほど。その一方、数々の革新的な建造物を設計してきた建築家でもあるため、巷で評判のルシウスに興味を持つ。高齢に加え... 関連ページ:ハドリアヌス

アポロドロス

シリアの属州であるダマスカス出身の技師。建築家であるだけでなく、彫刻家や発明家としても天才的な技術を持ち、弩砲などの攻城兵器を開発した。ハドリアヌス帝とは折り合いが悪い。風呂が大好きで、ルシウスとは良き風呂仲間に。同時代の実在人物ダマスカスのアポロドロスがモデルとなっている。

ハドリアヌスが後継者とするべく養子にした青年で、次期皇帝候補者。ハンサムで頭の回転が速く、大勢の前で弁舌を振るうことにも長けている。その反面女好きで、妻子ある身だというのにたびたび宮中の女性に手を出し... 関連ページ:ルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス

ルキウス・ケイオニウス・コンモドゥスの娘の婚約者。非常に聡明で頭脳明晰、さらに東洋の文献も読破するほど勤勉な性格。15歳の少年ではあるが、ハドリアヌス帝も将来の皇帝候補と目して信頼を置いており、行政長... 関連ページ:マルクス・アンニウス・ウェルス

伊藤温泉にタイムスリップしてきて古代ローマに帰れなくなったルシウスが出会う、美しく聡明な28歳の女性。東京大学の大学院を修了した古代ローマ史の研究者で、伊藤温泉では彼女のことを知らぬ者はいないほどの才... 関連ページ:小達さつき

小達さつきの祖父で、母子家庭で母を亡くした彼女にとっては唯一の肉親。伊藤温泉で鍼灸・整体業を営んでいる。非常に腕が良いことで知られており、大企業の会長やボクシングの元世界チャンピオン、政財界の大物とも... 関連ページ:小達 鉄蔵

ハナコ

『テルマエ・ロマエ』に登場する牝馬。馬としては25歳という高齢ながら、伊藤温泉にあるいとう観光牧場で観光用の馬車なかよし号を牽いている。人見知りで知らない人間に触れられるのを好まないが、初めて出会ったルシウスに一目惚れ。ルシウスが立ち去った後、彼を恋しがって牧場を脱走するほどに気に入ってしまった。

その他キーワード

平たい顔族

『テルマエ・ロマエ』に登場する用語。現代日本へタイムスリップしたルシウスは、彫りの深い古代ローマの人々とは違い、全体的に凹凸に乏しい顔立ちの日本人を指してこう呼んだ。

アニメ

テルマエ・ロマエ

♯ハドリアヌスが皇帝として君臨していた古代ローマ時代。自分の設計した浴場が採用されずに落ち込む、浴場設計技師である主人公のルシウスは、気分転換にと入った浴場で奇妙な排水溝を発見、調べようとすると吸い込... 関連ページ:テルマエ・ロマエ

SHARE
EC
Amazon
logo