ライサ・ソフィア

ライサ・ソフィア

アラベスク(漫画)の登場人物。別称、ラーラ。ノンナ・ペトロワとはライバル関係。

登場作品
アラベスク(漫画)
正式名称
ライサ・ソフィア
別称
ラーラ
関連商品
Amazon 楽天

概要

モスクワ・ボリショイ・バレエ団所属のバレリーナ。家族もバレリーナで、幼い頃から才能を認められ、若干17歳でプリマとなった天才少女。『アラベスク』映画版の主演を賭けてノンナ・ペトロワと争い、見事勝ち取るが、ラーラ本人のやる気の低さや、監督レオ・リジンスキーとモスクワ・ボリショイ・バレエ団側の対立から撮影が難航。

再テスト後ノンナ待望の空気となったことにプライドを傷つけられたラーラは主役を降り、バレリーナを引退。女優の道を目指す。

関連人物・キャラクター

ノンナ・ペトロワ

16歳の少女。ソビエト連邦ウクライナ共和国、キエフ・シェフチェンコバレエ学校6年生で、同じくバレリーナである母に幼い頃から教えを受けており、バレエへの情熱を燃やしていたが、168cmの高身長というバレ... 関連ページ:ノンナ・ペトロワ

登場作品

アラベスク

1972年、ソビエト連邦ウクライナ共和国、キエフ・シェフチェンコバレエ学校6年生の少女ノンナ・ペトロワはバレリーナの母に教えを受けてきたが、168cmという高身長から優雅さに欠けると母に責められ、優秀... 関連ページ:アラベスク

SHARE
EC
Amazon
logo