ラウラ・フォンターナ

ラウラ・フォンターナ

王様の仕立屋~サルト・フィニート~(漫画)の登場人物。織部 悠とはライバル関係。

概要

アンドレア・フォンターナの娘で、ジャコモ・ペッツオーリが次代の職人を育成する目的で設立した服飾教室で仕立ての英才教育を叩き込まれた天才少女。髪型はツインテール。事あるごとに織部悠をライバル視し、度々勝負を挑んでいる。一時はジラソーレ社に押し掛け、ユーリア・ペルッツィの元に居候してたが辞職して、マリオ親方の兄弟子、カサルヌォボのビアッジォ親方に弟子入り。

親方から散々メイド服を着せられ、名物ウェイトレスになる。後にジラソーレ社第二開発課に所属。織部と共に世界を巡ることになった。

関連人物・キャラクター

織部 悠

「ミケランジェロ」と称賛されたナポリの伝説の仕立て屋、マリオ・サントリヨが唯一認めた弟子。性格は偏屈だが、その腕はもはや神の域。ナポリの泥棒市で師匠の借金を引き継ぎ、返済を続けている。特に店を持たず、... 関連ページ:織部 悠

登場作品

王様の仕立屋~サルト・フィニート~

ナポリに住むオーダーメイド専門の仕立て屋、織部悠の活躍を描く。紳士服のコーディネートや、時計などの周辺アイテム、歴史などの蘊蓄も絡めて紹介していく。続編として『王様の仕立て屋〜サルトリア・ナポレターナ... 関連ページ:王様の仕立屋~サルト・フィニート~

SHARE
EC
Amazon
logo