• 風の城砦 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ラ・コンテス・ブリュー

ラ・コンテス・ブリュー

ラ・コンテス・ブリュー

風の城砦(漫画)に登場する用語。

登場作品
風の城砦(漫画)
正式名称
ラ・コンテス・ブリュー
ふりがな
らこんてすぶりゅー
関連商品
Amazon 楽天

概要

パトウ家に伝わる「青い女伯爵」という意味の用語。それにまつわる呪われた伝説がある。青い瞳を持って生まれてきた女児は跡継ぎになると決して長く生きられず、20歳前後で無惨な死を遂げるというもので、ソレイユはこの呪いから逃れるため、後継者候補のいるアルジェリアへと旅立った。呪いの実態は過去の後継者争いで死んだ女の呪いを恐れて、パトウ家の人間が、青い瞳で生まれてきた女の赤ん坊を殺してきたことによって発生した怨みだった。

ウルージの姉で霊能力者のクルアーンによって赤子たちの霊が浄化されたことにより、呪いは消滅する。

登場作品

風の城砦

フランスの貴族パトウ家には、青い瞳の女性は20歳前後で非業の死を遂げる、ラ・コンテス・ブリュー(青い女伯爵)の呪いがあると信じられてきた。父の死で跡継ぎとなった少女ソレイユ・ルナ・ド・パトウは呪いを恐... 関連ページ:風の城砦

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
風の城砦
logo