ロック・ベアード

ロック・ベアード

赤いペガサス(漫画)の登場人物。

登場作品
赤いペガサス(漫画)
正式名称
ロック・ベアード
関連商品
Amazon 楽天

概要

アメリカ人。F1に初参戦する、サンダーボルト・エンジニアリングチームのエース・パイロット。ケン・アカバとは同僚であり、ライバル。そのケンから、F1レーサー30名の中でも、十指に入る実力と認められている。ベアードの実家はアメリカの貧しい街で、自動車解体業を営んでいた。

16歳の時に、家の有り金を全部盗んで中古のストックカーを購入し、草レースに参加。レースで圧勝し、それをを見ていた大金持ちのバートンに気に入られ、スポンサーになってもらったのが、この世界に入ったきっかけ。フィアンセのリサも、同じ街の出身。だが、地元の第4戦アメリカGPで、ケンのスリップ事故に巻き込まれ、ベアードのマシンが炎上。

そのまま死亡する。

関連人物・キャラクター

赤馬 研

イギリス国籍の日系人。レースデビューしてわずか1年で、F5000のチャンピオンになり、GTカーレース6時間耐久戦でも、天才的な走りを見せる。だが、アクシデントによりコースアウトし、観客(6人死亡)を巻... 関連ページ:赤馬 研

関連キーワード

サンダーボルト・エンジニアリング

『赤いペガサス』に登場するF1チーム。会田オーナーが率いる日本のチーム。アメリカの大手タバコメーカーのバートン社(社長バートン)がスポンサーにつき、独自開発したSV009マシンでF1に参戦した。エース... 関連ページ:サンダーボルト・エンジニアリング

登場作品

赤いペガサス

実在するコースやレーサー、チームなどが登場するF1レースを題材にしたストーリー。主人公のケン・アカバが、仲間の事故死や、自らも重いハンディを背負いながらも、ライバルドライバーに競り勝っていく姿を描く。 関連ページ:赤いペガサス

SHARE
EC
Amazon
logo