赤いペガサス

赤いペガサス

実在するコースやレーサー、チームなどが登場するF1レースを題材にしたストーリー。主人公のケン・アカバが、仲間の事故死や、自らも重いハンディを背負いながらも、ライバルドライバーに競り勝っていく姿を描く。

概要

天才ドライバーと讃えられたケン・アカバ(赤馬研)は、GTカー6時間耐久レースで善戦していたが、アクシデントにより車がコースアウト。近くにいた観客も含めて大事故となり、それ以降彼はレース界から遠ざかる。しかし、サンダーボルト・エンジニアリングチームが開発したF1マシンのSV009に、テスト走行のために乗ると、レーサーとしての血が再燃。

世界最高峰レースのF1でレーサー復帰する。そして、チームの同僚レーサーである、ロック・ベアードやメカニックたちと小さなトラブルを起こしながらも、新生チームを盛り立てていく。ニキ・ラウダやエマーソン・フィッティパルティ、マイク・アンドレッティといったライバルたちとの友情を交えつつ、過酷なF1GPで勝利をつかんでいく。

登場人物・キャラクター

主人公

イギリス国籍の日系人。レースデビューしてわずか1年で、F5000のチャンピオンになり、GTカーレース6時間耐久戦でも、天才的な走りを見せる。だが、アクシデントによりコースアウトし、観客(6人死亡)を巻... 関連ページ:赤馬 研

ケン・アカバの妹。兄と同様のボンベイ・ブラッド(1952年にボンベイで発見された、昭和52年当時、世界で数人しか登録されていない血液)保有者。ケンが特殊な血液保有者なので、彼が事故を起こすと、輸血時に... 関連ページ:ユキ・アカバ

F1に初参加する新生チーム、サンダーボルト・エンジニアリングのオーナー。元レーサーで、過去のレースで事故を起こして以来、車イスで生活する。チームを立ち上げたときに、レースドライバーはロック・ベアードだ... 関連ページ:会田

アメリカ人。F1に初参戦する、サンダーボルト・エンジニアリングチームのエース・パイロット。ケン・アカバとは同僚であり、ライバル。そのケンから、F1レーサー30名の中でも、十指に入る実力と認められている... 関連ページ:ロック・ベアード

ベテランのF1レーサーで、自称サーキットの神様。世界チャンピオンは5回。優勝回数89回を誇る。酒好き。ケン・アカバからはモンティじいさんと呼ばれる。ロータス78に乗り、第1戦のアルゼンチンGPではプラ... 関連ページ:カール・モンティ

世界最速の男と呼ばれるF1レーサー。実在のマリオ・アンドレッティがモデル。ケン・アカバが整備が十分でないマシンに乗って、テスト走行中にコースアウトする。その際のケガによって、血液が不足。妹のユキだけで... 関連ページ:マリオ・アンドレッティ

F1レーサーで、72年、74年のワールドチャンピオン。ブラジルの英雄と呼ばれる。実在のエマーソン・フィッティパルティがモデル。彼が乗るF1マシンのコパスカーFD04はブラジル産。第2戦のブラジルGPで... 関連ページ:エマーソン・フィッティパルティ

集団・組織

サンダーボルト・エンジニアリング

『赤いペガサス』に登場するF1チーム。会田オーナーが率いる日本のチーム。アメリカの大手タバコメーカーのバートン社(社長バートン)がスポンサーにつき、独自開発したSV009マシンでF1に参戦した。エース... 関連ページ:サンダーボルト・エンジニアリング

イベント・出来事

アルゼンチンGP

『赤いペガサス』に登場するF1GPレース。第1戦。ケン・アカバのレーサー復帰戦。サンダーボルト・エンジニアリングチームのデビュー戦でもある。チームが開発した新型マシンSV009のマシンセッティングがう... 関連ページ:アルゼンチンGP

ブラジルGP

『赤いペガサス』に登場するF1GPレース。第2戦。プラクティス(予選)の第1セッションで、ケン・アカバが激走し、エマーソン・フィッティパルディとタイムで一騎打ちする。だが、エマーソンは第2セッションで... 関連ページ:ブラジルGP

南アフリカGP

『赤いペガサス』に登場するF1GPレース。第3戦。サンダーボルト・エンジニアリングチームのマシンが、SV009からSV01に変更して臨んだGPレース。摂氏36度でのプラクティス(予選)第1セッションで... 関連ページ:南アフリカGP

アメリカGP

『赤いペガサス』に登場するF1GPレース。第4戦。ケン・アカバのチームメートで、サンダーボルト・エンジニアリングのエースパイロット、ロック・ベアードの地元。チームスポンサーで、ベアードのスポンサーでも... 関連ページ:アメリカGP

その他キーワード

SV009

『赤いペガサス』に登場するF1マシン。サンダーボルト・エンジニアリングがF1参戦する際に投入された、新開発マシン。エンジンはフォード社製。DFV8気筒の3リッター。全重量600㎏。470馬力。最高時速... 関連ページ:SV009

SV01

『赤いペガサス』に登場するF1マシン。サンダーボルト・エンジニアリングチームがF1GPで走らせる2台目のマシン。SV009に比べてシンプルなボディ形状にし、問題のあった空力抵抗を緩和。乾燥重量575㎏で、最低重量ぎりぎりまで軽量化した。

SHARE
EC
Amazon
logo