一ノ瀬 迅

一ノ瀬 迅

フットボールネーション(漫画)の登場人物。読みは「いちのせ じん」。

登場作品
フットボールネーション(漫画)
正式名称
一ノ瀬 迅
ふりがな
いちのせ じん
関連商品
Amazon 楽天

概要

横浜ユナイテッド所属のサッカー選手。チームでは背番号10を背負う。司令塔を任され、若きエースとして君臨。優れたテクニックの持ち主で、17歳にしてフル代表候補となった。緒方紫は、日本人選手としては稀少な「フォトジェニック」な選手と評価する。横浜ユナイテッドのジュニアユース時代は沖千尋のチームメートだった。

サッカー選手として自分よりはるかに優れたに、友達づきあいはしていたものの激しい嫉妬を感じていた。青野という不良とのトラブルで相手をナイフで刺してしまったが、がその罪をかぶり少年院に収監されることになった。サッカーエリートと見られがちだが、父母が借金苦で夜逃げし、祖母と一緒に暮らしていた。

少年時代は一度はサッカーを諦めざるを得ない経済状態に追い込まれたが、が監督の弱みをネタに脅迫して、一ノ瀬がサッカーを続けられるよう取りはからった。家が貧乏であることから、サッカーで成功しなければならないという強迫観念が強く、監督のいうことにはけして逆らわない。の存在にコンプレックスを抱いており、彼が再び表舞台に出てきたことに焦りを感じている。

女性歌手カナエと交際しており、スクープ報道されたこともある。

登場作品

フットボールネーション

サッカーに必要な「筋肉の使い方」ができる選手を集めたチーム「東京クルセイド」が、日本サッカー界に革命を起こしていく姿を描いたサッカー漫画。 関連ページ:フットボールネーション

SHARE
EC
Amazon
logo