がんばれ!キッカーズ

がんばれ!キッカーズ

創部以来、公式戦未勝利という弱小チームで、やる気が0である北原小学校のサッカーチーム・北原キッカーズが、転校してきた大地翔によって情熱を取り戻し、徐々に成長していく姿を描くサッカー漫画。第32回小学館漫画賞児童部門受賞作であり、ながいのりあきの代表作。

正式名称
がんばれ!キッカーズ
作者
ジャンル
サッカー
レーベル
てんとう虫コミックス(小学館) / G.B.best comics(G.B.)
巻数
全20巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

名門・清水が丘FCの補欠だったサッカー少年の大地翔は、転校した北原小学校のサッカーチーム・北原キッカーズに入部する。しかしキッカーズは、創部以来公式戦で勝ち星なし、全員まったくやる気がなく、練習試合に21対0で敗れた挙句に次回以降の試合を断られるほどの駄目チームだった。そんな中でも前向きなは、地区の最強チームである南陽SCに熱心に通っては練習試合を申し込み、南陽SCキャプテンの上杉光に1対1の勝負で勝ったら練習試合を受けてもらえることとなる。

と上杉の対決を見て目が覚めたキッカーズのメンバーは、練習を積み重ねて徐々に実力をつけ、全国大会出場を目指すようになる。

登場人物・キャラクター

主人公

小学4年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはフォワード。名門・清水が丘FCの補欠だったが、北原小学校へ転校し、キッカーズに入る。サッカーに対するすさまじい情熱の持ち主であり、やる気を失ってい... 関連ページ:大地 翔

本郷 勝

小学6年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはゴールキーパー。当初はやる気がなかったが、大地翔の影響で情熱を取り戻すと、最年長としてチームを引っ張っていく。

石井 健太

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはミッドフィールダーないしフォワード。口が悪く、乱闘騒ぎを起こすなどトラブルメーカーでもあるが、仲間を鼓舞して引っ張っていく面も持ちあわせており、本郷勝の卒業後はキャプテンを務めた。家は寿司屋。

小畑 英夫

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはミッドフィールダー。アダ名は「デコ」。家はスポーツ用品店で、父親の小畑栄作はキッカーズに何かと支援をしている。

原 たけし

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはミッドフィールダーないしフォワード(右ウイング)。原きよしは双子の弟であり、兄弟の息の合ったプレーを得意とする。家はおもちゃ屋。

原 きよし

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはミッドフィールダーないしフォワード(左ウイング)。原たけしは双子の兄であり、兄弟の息の合ったプレーを得意とするが、二人合わせて一人前と見られている現状に悩みを持っている。実家はおもちゃ屋。

大高 守

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはディフェンダー。長身が特徴。ディフェンダーというポジションが頑張っても評価されないと不満を持ち、キッカーズを離れてバスケットボール部に入部していたこともある。

野口 学

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはディフェンダー(左サイドバック)。眼鏡が特徴の知的な子供。成績が落ちたために親から圧力を受け、一時期キッカーズをやめて塾通いに専念していたこともある。

太田 太一

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはディフェンダー(センターバック)。食いしん坊の肥満体型で、動きが遅いために当初は補欠だったが、練習を積み重ね、体格やパワーを活かした活躍をするようになっていく。家は八百屋。

高田 哲也

小学4年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはミッドフィールダー。家はカメラ屋。

古賀 信介

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはディフェンダー(右サイドバック)。

浜本 直人

小学6年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはディフェンダー。チーム一の長身であり、それを活かしたプレーを得意とする。家は電器屋。

上杉 光

小学6年生の男子。南陽SCのキャプテンで、ポジションはゴールキーパー。全国屈指の天才ゴールキーパーと評価される実力の持ち主で、大地翔を最初に認めた選手。

小畑英夫の父親で、スポーツ用品店を経営するハゲ頭の中年男性。自身もサッカー経験者であるため北原キッカーズを応援しており、用具や飲み物の差し入れから対戦相手のデータ収集など、さまざまな点で協力している、... 関連ページ:小畑 栄作

小学5年生の男子。北原キッカーズの一員で、ポジションはゴールキーパー。本郷勝らの卒業後にキッカーズに入部した。入部早々キャプテンの石井健太に対決を挑むなど、生意気なところがあるが、根は素直。地域の選抜... 関連ページ:一之瀬 金時

栗田 保

北原キッカーズの一員で、ポジションはディフェンダー。アダ名は「どんぐり」。家は「どんぐりラーメン」というラーメン屋。小さい頃からサッカーボールで遊ぶのが好きで、ドリブルをしながらラーメンの出前をしているため、他の能力は低いがドリブルテクニックだけは優れる。

水島 雄

西山SSSに所属している小学生男子で、ポジションはフォワード。大会屈指のストライカーと言われており、病気療養中の弟・水島亮のために全国大会出場を誓っている。得意技はバナナシュート。

水島 亮

西山SSSに所属している小学生男子で、ポジションはフォワード。水島雄は兄。兄を上回るほどの実力を持ちながら、病気のために一時はサッカーを断念していた。「七色の変化球」と呼ばれるシュートテクニックが持ち味で、コーナーキックから直接ゴールを決めるなどの活躍を見せる。

真行寺 あきら

西山SSSに所属している小学生男子で、ポジションはディフェンダー。大地翔が清水が丘FCにいた頃の先輩であり、エースストライカー候補だったが、西山SSSでは守備の要として活躍している。

天童 要

帝和FCに所属している小学生男子で、ポジションはフォワード。身長181cm、体重100kgという小学生離れした体格の持ち主で、鎖でできたゴールネットを破るほどのシュート力を持ち、練習試合では相手のゴールキーパー3人を負傷させ棄権試合に追い込んだほど。

高見沢 淳

帝和FCに所属している小学生男子で、ポジションはゴールキーパー。人間業ではないと評されるほどの素早い動きで、「黒ヒョウ」と呼ばれる。

早川 秀人

南陽SCに所属している小学生男子。上杉光らの卒業後にエースとなり、チームを引っ張ることになる。

北原小学校に転校してきた小学6年生の男子。報酬をもらってさまざまなチームの助っ人をしていることから「汚れたエースストライカー」と呼ばれている。かつて、貧乏でユニホームが買えないことを理由に仲間はずれに... 関連ページ:兵藤 俊

広沢

北原小学校野球部のキャプテンである男子。当初は北原キッカーズのことを認めていなかったが、キッカーズの南陽SC戦での奮闘を見てからは練習に協力するなど好意的になる。

海城 新作

最上イーグルスに所属する小学生男子で、ポジションはフォワード。短距離界のホープだったが、スカウトされてサッカーの道に転じた。自分が中心でないと我慢ができない性格であり、自分を脅かす活躍を見せた一之瀬金時をいびってイーグルスから追い出した過去がある。

大島 仙一

選抜チーム「東海FC」の監督であり、かつて無名のチームを全国優勝に導いた実績を持つ。大地翔に興味を持ち、チームへ勧誘する。

集団・組織

北原キッカーズ

『がんばれ!キッカーズ』に登場するサッカーチーム。北原小学校のサッカーチームであり、大地翔、石井健太らが所属する。キャプテンは本郷勝。当初はメンバー全員にやる気がなく、創部以来公式戦で勝ち星がないため... 関連ページ:北原キッカーズ

南陽SC

『がんばれ!キッカーズ』に登場するサッカーチーム。全国レベルの天才ゴールキーパーであるキャプテン・上杉光と、「南陽三羽ガラス」と呼ばれる強力な3トップを擁し、昨年度の地区大会で優勝している強豪。北原キッカーズの最大のライバル。

西山SSS

『がんばれ!キッカーズ』に登場するサッカーチーム。水島雄、水島亮、真行寺あきらなどが所属。南陽SCと並ぶ地区の強豪で、北原キッカーズのライバルの一つ。

帝和FC

『がんばれ!キッカーズ』に登場するサッカーチーム。怪物と呼ばれるエースの天童要による得点力と、黒ヒョウの異名を持つゴールキーパー高見沢淳による鉄壁の守りで優勝候補№1と呼ばれる。北原キッカーズのライバルの一つ。

書誌情報

がんばれ!キッカーズ 全20巻 小学館〈てんとう虫コミックス〉 完結

第1巻

(1985年5月発行、 978-4091410016)

第2巻

(1985年7月発行、 978-4091410023)

第3巻

(1985年9月発行、 978-4091410030)

第4巻

(1986年1月発行、 978-4091410047)

第5巻

(1986年4月発行、 978-4091410054)

第6巻

(1986年7月発行、 978-4091410061)

第7巻

(1986年9月発行、 978-4091410078)

第8巻

(1986年10月発行、 978-4091410085)

第9巻

(1987年1月発行、 978-4091410092)

第10巻

(1987年3月発行、 978-4091410108)

第11巻

(1987年5月発行、 978-4091411815)

第12巻

(1987年8月発行、 978-4091411822)

第13巻

(1987年11月発行、 978-4091411839)

第14巻

(1988年4月発行、 978-4091411846)

第15巻

(1988年9月発行、 978-4091411853)

第16巻

(1989年1月発行、 978-4091411860)

第17巻

(1989年2月発行、 978-4091411877)

第18巻

(1989年3月発行、 978-4091411884)

第19巻

(1989年6月発行、 978-4091411891)

第20巻

(1989年7月発行、 978-4091411907)

SHARE
EC
Amazon
logo