一端の子

少女を愛する少女たちの心の葛藤や執着、希望、差別などをオムニバス形式で描いた青春ドラマ。「別冊少年チャンピオン」2019年4月号から11月号にかけて掲載された作品。

正式名称
一端の子
ふりがな
いったんのこ
作者
ジャンル
同性愛
レーベル
少年チャンピオン・コミックスエクストラ(秋田書店)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

月子は、クラスメイトの立田えなに好意を抱いている。1年前、体操着を忘れた月子は小柄なえなに体操着を貸してもらったが、身長175センチの月子には体操着が小さすぎた。同じサイズの体操着を着ているのに、えなが着るとぶかぶかで、そんなえなを見た月子は無性に愛おしさを覚える。ある日、えながクラスメイトの海というイケメン男子に恋していることを知った月子は、海に彼女がいることを知りながら、えなに告白を勧める。月子から応援すると言われたえなは、思い切ってあこがれの海にアピールしてなかよくなる。しかし、後日ほかの女子から海に彼女がいることを聞かされ、えなは落ち込んで泣きじゃくる。月子はそんなえなをなぐさめながらも、心の中では泣いて顔を赤く染めたえなを見て喜びに打ち震え、抱きしめたい衝動に駆られるのだった。(第1話「えがお」。ほか、7エピソード収録)

登場人物・キャラクター

月子 (つきこ)

第1話「えがお」に登場する。ショートカットの髪型でボーイッシュな女子学生。身長は175センチ。つねにポーカーフェイスで、クラスメイトの立田えなからは、あまり笑わない印象を持たれている。体操着を貸してもらったことがきっかけでえなとなかよくなり、えなのことを愛おしく思っている。しかし、その気持ちは秘めたまま、あくまで親友として振る舞っている。えなが思いを寄せる男子に、彼女がいることを知っていながら、えなに告白を勧める。

本田 美琴 (ほんだ みこと)

第2話「CUT(E)」に登場する。実家が美容室を経営している女子高校生。幼い頃から、美容師として働く母親を見て育った。中学生時代から、友人の瀬良ゆずの髪を切ってあげている。その散髪代として高級アイスクリームを要求するなど、ちゃっかりした性格をしている。密かにゆずに思いを寄せており、ゆずに告白しようとしているクラスメイトの男子のことを憎んでいる。

代田 めぐみ (しろた めぐみ)

第3話「無題」に登場する。大学に通う女子。サークルでは酒ばかり飲んでいる。また、大学の授業中はいつも居眠りをしている。高校時代に友人だった女子から告白された経験があり、その友人を無意識に避けて、傷つけてしまったことを今でも悔やんでいる。同じ大学のおはぎ先輩が同性愛者であることを知り、過去の出来事を打ち明ける。

松浦 楓 (まつうら かえで)

第4話「と或る女たち」、最終話「某日」に登場する。女子高校生。梨元葉、華園凛花、中田響のなかよし四人組の一人。学校の休み時間には、よく四人で机を囲んで凛花が持ってきたお菓子を食べながら、おしゃべりを楽しんでいる。最近、彼氏と別れたばかりで、まだ処女ながらセフレが欲しいと思っている。響に密かに思いを寄せており、セフレになってくれないかと冗談交じりにさらりと伝える。

初芽 あき (はつめ あき)

第5話「午後八時の生熟れ」、最終話「某日」に登場する。化粧品とメイクが好きな中学2年生の女子。クラスメイトで友人の女子に思いを寄せているが、その気持ちは心の内に秘めて、友達付き合いを続けている。同性愛者であるクラスメイトの男子、南拓也のことを気にかけている。

萩元 (はぎもと)

第6話「あろえなあなた」に登場する。高校2年生の女子。頻繁に彼氏を作るが長くは続かず、いつもすぐに別れている。美術部に所属しているが、絵はあまりまじめに描いていない。全国大会に参加するための人数合わせとして、萩元にも参加をして欲しいと部長の阿炉江泉から頭を下げられる。その大会で、阿炉江の意外な一面を目にする。第3話「無題」に登場するおはぎ先輩と同一人物と思われる。

杉尾 陽輔 (すぎお ようすけ)

第7話「防弾ガラス張り」に登場する。大学生の男子。コンビニでアルバイトをしながら、彼女と同棲して1年になるが、彼女にはすっかり飽きている。高校時代に高嶺の花の存在だった蓮水つかさが、自身が働いているコンビニに新しいアルバイトとしてやってきたことで再会し、しつこくアプローチを続けるが、彼女にバレて修羅場を迎える。

立田 えな (たつた えな)

第1話「えがお」に登場する。そばかす顔で、小柄な体型の女子学生。クラスメイトの月子に体操着を貸してあげたことがきっかけでなかよくなる。ポーカーフェイスの月子とは対照的に明るい性格で、笑顔がかわいい。月子からは友達以上の思いを寄せられているが、立田えな本人はそのことを知らず、親友として付き合っている。

瀬良 ゆず (せら ゆず)

第2話「CUT(E)」に登場する。短い黒髪を真ん中分けにしている女子高校生。クラスメイトの本田美琴とは中学時代からの友人で、非常に仲がいい。髪の毛の伸びるのが速く、中学生時代から美琴に髪を切ってもらっている。美琴が自身を愛していることは知らず、告白してきたクラスメイトの男子と付き合うことを決める。

おはぎ先輩 (おはぎせんぱい)

第3話「無題」に登場する。大学に通う女子。代田めぐみと同じサークルに所属する先輩。ヘアバンドで前髪を上げ、眼鏡をかけている。いつも上下スウェットのような恰好をしている。同性愛者で、女性を好きな女性が集まるレズビアンバーに通っている。第6話「あろえなあなた」に登場する萩元と同一人物と思われる。

梨元 葉 (なしもと よう)

第4話「と或る女たち」、最終話「某日」に登場する。女子高校生。松浦楓、華園凛花、中田響と共になかよし四人組の一人。学校の休み時間には、よく四人で机を囲んで凛花が持ってきたお菓子を食べながら、おしゃべりを楽しんでいる。やたらとお菓子を食べるのが速く、ほかの三人よりも多く食べている。楓が「ビューティフル色気フェイス」と評するほどのクールな美人。非処女らしく、セックスは運動と発言している。

華園 凛花 (はなぞの りんか)

第4話「と或る女たち」に登場する。女子高校生。松浦楓、梨元葉、中田響と共になかよし四人組の一人。学校の休み時間には、よく四人で机を囲んで華園凛花が持ってきたお菓子を食べながら、おしゃべりを楽しんでいる。四人の中では一番女の子らしく、恋愛にトキメキを求めている。

中田 響 (なかた ひびき)

第4話「と或る女たち」に登場する。女子高校生。松浦楓、梨元葉、華園凛花と共になかよし四人組の一人。学校の休み時間には、よく四人で机を囲んで凛花が持ってきたお菓子を食べながら、おしゃべりを楽しんでいる。落ち着いた性格で、楓にはセフレを作ってみるのもアリだと思う、と冷静に伝える。

南 拓也 (みなみ たくや)

第5話「午後八時の生熟れ」に登場する。中学2年生の男子。色付きのリップを持っていたことや、体育の着替え中の男子を熱心に見ていたことから、ほかの男子からからかわれている。自転車の外れたチェーンを直してくれたことで、クラスメイトの初芽あきと親しくなり、初芽には自分がゲイであることをカミングアウトした。

阿炉江 泉 (あろえ いずみ)

第6話「あろえなあなた」に登場する。高校3年生の女子。美術部の部長を務めている。幽霊部員でやる気のない部員が多い美術部の中で、いつもヘッドフォンで音楽を聴きながら、熱心に絵を描いている。いつも不機嫌のように見えるため、部員の萩元からは、「鉄仮面」「鉄アロエ」と呼ばれている。全国大会に出場するための人数が足りないため、萩元にも大会に参加してくれるよう頭を下げる。

蓮水 つかさ (はすい つかさ)

第7話「防弾ガラス張り」に登場する。コンビニでアルバイトを始めた美女。高校の時は、30人の男子からの告白をすべて断ったという伝説を持つ。アルバイト先で同じ高校に通っていた杉尾陽輔と再会し、しつこくアプローチをされる。陽輔と二人で食事をしているところを陽輔の彼女に見つかり、修羅場を迎えるが、自分は女性が好きで男性には興味がないと彼女に告げる。

書誌情報

一端の子 全1巻 秋田書店〈少年チャンピオン・コミックスエクストラ〉 完結

第1巻

(2019年12月6日発行、 978-4253254038)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo