久慈川 りせ

Persona4 the ANIMATION(テレビアニメ)の登場人物。読みは「くじかわ りせ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
Persona4 the ANIMATION(テレビアニメ)
正式名称
久慈川 りせ
ふりがな
くじかわ りせ

総合スレッド

久慈川 りせ(Persona4 the ANIMATION)の総合スレッド
2016.01.25 12:31
Persona4 the ANIMATION(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

八十神高校1年生。特別捜査隊に所属。作中において、精神を象徴するアルカナは、恋愛。上結びのツインテールの髪型をした、小顔でスレンダーな美少女。トップクラスジュニアアイドル「りせちー」でもある。

突如、芸能活動を休止し、父方の実家「丸久豆腐店」がある稲羽市に引っ越してきた。高い感受性を持ち、明朗で優しく、人懐っこい性格だが、過去のイジメや芸能界での苦労を経験からか、ドライで達観したような側面も持つ。

テレビの中の世界から助け出してくれた、鳴上悠に対して隠さない好意を見せ、事有る毎にアプローチを掛ける。物語中盤、テレビの中の世界にて、深層心理に抱えていた、作られたアイドル像ではなく、「本当の自分を見て欲しい」という願望から生まれた、自らの影「シャドウ」と対峙する事となる。

「シャドウ」は、「見て欲しい」という願望から、水着姿や、サイケデリックに彩られたポールダンサーの姿をしており、衣装や形質の異なる6体の分身を見せ、りせに「本当の自分とは一体どれのことか」と問いかけた。

しかし、りせは、仲間の力を借りつつ、それも全て自分であると受け入れ、結果的に、自身の精神の象徴である、「ペルソナ」「ヒミコ」を顕現させる事となった。

戦闘や探索では、ペルソナ「ヒミコ」を使い、戦況分析や、ナビゲーションなどの補助を行う。

誕生日は1995年6月1日、身長155cm体重41kg、血液型AB型。

登場作品

主人公鳴上悠は、両親の事情で一年間、稲羽市八十稲羽に住む、叔父の堂島遼太郎の元に預けられる事となった。引越し早々に連続殺人事件が発生し、友人となった、花村陽介の思い人も犠牲となる。同じ頃、八十稲羽では...