九重 慈斎

秘拳伝キラ(漫画)の登場人物。読みは「ここのえ じさい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
秘拳伝キラ(漫画)
正式名称
九重 慈斎
ふりがな
ここのえ じさい

総合スレッド

九重 慈斎(秘拳伝キラ)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

概要

古流柔術九重流の使い手にして宗家。争いを好まない性格で、山寺にある道場で弟子たちと修行する毎日を送っていた。伝説の古流柔術家とも呼ばれ、南王手八神流の弱点を八神雲に教えるよう、塚原殴凱に言われていた。八神雲に九重流柔術を伝授するも、その後南王手八神流の秘密を守ろうとする八神阿麻王の手によって殺されてしまう。

登場作品

沖縄の伝説の古流空手である南王手八神流の宗家の実子であった八神雲は、殺人術として空手を行使するのではなく、より強い猛者と戦うため、沖縄を離れて東京へ向かう。しかし一子相伝にして秘密主義の南王手八神流は...