交霊

交霊

うしろの百太郎(漫画)の中で使用される用語。

登場作品
うしろの百太郎(漫画)
正式名称
交霊
ふりがな
こうれい
関連商品
Amazon 楽天

概要

何らかの方法で霊とコミュニケーションをとること。日本では文字盤と10円玉を使ったコックリさんが有名。エンジェルさん、守護霊さん等、亜種も存在する。その他、西洋のウィジャボードを使用したものや、自動書記等がある。しかし上記のものは、簡単に行えるが、動物霊や低級霊を呼び寄せてしまうため、作品中でも無暗に行うべきではないと警告している。

本格的なものでは、修業をした霊媒師が自分に霊を乗り移らせる降霊や、幽体離脱によって直接霊と話す等がある。

登場作品

うしろの百太郎

霊感のある少年後一太郎が、心霊科学研究者の父健太郎とともに、様々な怪現象を体験する姿を描いたオカルト漫画。70年代、日本で起こったオカルトブームの一端を担った作品。続編に『新うしろの百太郎』がある。 関連ページ:うしろの百太郎

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
うしろの百太郎
logo