仁科 由海

仁科 由海

ミステリー民俗学者 八雲樹(漫画)の主人公。読みは「にしな ゆみ」。別称、由海。

登場作品
ミステリー民俗学者 八雲樹(漫画)
正式名称
仁科 由海
ふりがな
にしな ゆみ
別称
由海
関連商品
Amazon 楽天

概要

第五の事件「仮面の館殺人事件」でのもう一人のヒロイン。永峰家のメイドとして働いているため、常にメイドコスをしている。3つ違いの妹沙織を自殺で亡くしており、素性や本名を偽っている由海に、竜一は卑劣な劣情を抱いていた。竜一だけではなく、由海は、他の招待客たちの仮面の下に隠された醜い素顔を知っている。

関連キーワード

仮面の館

山梨県御国郡角倉の山奥にある瀟洒な洋館。外観はただの洋館だが、一歩中に入ると辺り一面に永峰竜一が世界中から集めて来た仮面(またはそのレプリカ)が飾られていて、かなり異様な雰囲気である。更に、地下には竜... 関連ページ:仮面の館

登場作品

ミステリー民俗学者 八雲樹

榊大学房総校舎にある民俗学研究室に入り浸る八雲樹は、不在がちの民俗学教授の代わりに地方からの調査依頼を受け、何かと研究室に顔を出す富良野と共に民間伝承のフィールドワークを度々行なっていた。日本各地に伝... 関連ページ:ミステリー民俗学者 八雲樹

SHARE
EC
Amazon
logo