仲田 次郎

仲田 次郎

わたり鳥は北へ(漫画)の主人公。読みは「なかた じろう」。

登場作品
わたり鳥は北へ(漫画)
正式名称
仲田 次郎
ふりがな
なかた じろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

明るい髪色の少年。実家は岩手陸中の漁師町にある雑貨屋。集団就職で上京したが長続きせず暴力団の日向組の構成員となる。日向組は組長が交替し岩瀬組となった。日向組の組長の息子と仲がよかったため、半端者扱いされている。そのため実家に帰ろうかと考えている。友達の日向修の恋人だった麻生光とよく似ていたため声をかけた笠原あさみを誘う。

だが、軽い気持ちで旅費のために狂言誘拐を試み、失敗して逃亡。小道具として岩瀬組から持ってきた拳銃を発砲した。警察と岩瀬組に追われながら岩手を目指す。あさみとケンカしながらの旅で心を通わせていく。河あきらの『ゆがんだ太陽』では苗字がなく、次郎という名前だけで登場していた。

登場作品

わたり鳥は北へ

笠原あさみは厳格な父と成績優秀な姉に対して劣等感を抱く高校生。息が詰まるような生活をしていたが、暴力団岩瀬組の少年、仲田次郎に声をかけられ、気晴らしに話をする。だが、そのために帰宅が遅れたことを咎めら... 関連ページ:わたり鳥は北へ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
笠原 あさみ
おとうさん
集団・組織
岩瀬組
logo