入市邸

入市邸

恋と軍艦(漫画)の舞台のひとつ。

登場作品
恋と軍艦(漫画)
正式名称
入市邸
ふりがな
いりいちてい
関連商品
Amazon 楽天

概要

小舟町の中でも商店街や駅のある港側とは反対の山側に位置し、人気のない場所にひっそりと佇む。入市アレクサンドルの住居は、玄関口にウッドデッキを持つお洒落な外観。山の上にありながらすぐ下が海になっていて、内装もドラマのセットのよう。2階の仕事部屋は漫画家らしく汚くて散らかっているが、入市も町長の港航一も料理好きなため、広くて奇麗なシステムキッチンがある。

主人公遠藤香菜とその友人篠原晶は何かと用事を思い付いては、この家に入り浸っていた。

登場作品

恋と軍艦

小舟町はかつて戦艦部品の製造で栄えた町。現在は日本の何処にでもある寂れ行く田舎町だ。そこに転校して来た主人公の少女遠藤香菜は、28歳年上の町長に恋をした。妄想しがちな乙女の新感覚ラブストーリー。 関連ページ:恋と軍艦

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
恋と軍艦
logo