凹村戦争

凹村戦争

日本のある村を舞台にしたSF漫画。H・G・ウェルズの小説『宇宙戦争』を物語全体の下敷きとしているほか、多数のSF作品へのオマージュがちりばめられている。西島大介のデビュー作。

概要

日本のどこかにある、世間から隔絶された村・凹村に、ある日突然「X」の形をした謎の物体が落下した。村の中学生・凹沢アルは、物体の正体を突き止めようと奔走する中で、H・G・ウェルズの小説『宇宙戦争』を読み、小説と同様に凹村の外では火星人による侵略が行われていること、それは凹村にも及ぼうとしていることを知る。

登場人物・キャラクター

主人公

凹村中学校の3年生で、凹伴ハジメ、凹坂カヨと同級生。勉強は苦手で、誰でも合格すると言われている凹村高校への進学も危ぶまれている。村に落ちてきた謎の物質に興味を持つ。凹伴に借りて『宇宙戦争』を読んだこと... 関連ページ:凹沢 アル

凹村中学校の3年生で、凹沢アル、凹坂カヨと同級生。読書家で賢く、大人びた性格。メガネをかけている。『宇宙戦争』を読んだことで、アル、カヨに先んじて世界に起こっていることを理解していたが、特に行動を起こ... 関連ページ:凹伴 ハジメ

凹村中学校の3年生で、凹沢アル、凹伴ハジメと同級生の女子生徒。担任教師の凹瀬戸サナエになんとなく反感を抱いている。インベーダーゲームが好き。ハジメとつき合うようになる。 関連ページ:凹坂 カヨ

凹沢アルらが通う凹村中学校の女性教師で、担当教科は数学。もともと凹村の出身で、結婚にともない一度は村を出たが、離婚してまた凹村に戻ってきた。3歳の娘がいる。実は教員免許を持っていない。 関連ページ:凹瀬戸 サナエ

場所

凹村

凹沢アルらが暮らす村。四方を高い山に囲まれた盆地にあるためにその名がついたと言われている。テレビはNHKしか映らず、インターネットも携帯電話も使用できず、新聞は2週間遅れで届く。村の中に中学校と高校が... 関連ページ:凹村

SHARE
EC
Amazon
logo