初芝電器産業

島耕作シリーズ(漫画)に登場する企業。読みは「はつしばでんきさんぎょう」。

  • 初芝電器産業
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
島耕作シリーズ(漫画)
正式名称
初芝電器産業
ふりがな
はつしばでんきさんぎょう

総合スレッド

初芝電器産業(島耕作シリーズ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。TOBによって五洋電機と経営統合、持ち株会社初芝五洋ホールディングスを設立。2010年に初芝五洋ホールディングス五洋電機とともにTECOTに社名変更。

関連キーワード

『島耕作シリーズ』に登場する企業。中国で三本の指に入る大手家電メーカー。CEO(経営最高責任者)は孫鋭。孫鋭の理念で引き抜きを行わず、生え抜きの社員を揃える。品質とサービスにこだわる物作りが認められ国...
『島耕作シリーズ』に登場する企業。初芝電器産業が95%の株式を持つ子会社。赤字が続く同社の立て直しのために代表取締役専務として島耕作が赴任し、リストラが断行される。島耕作のアイデアによる、ベテラン演歌...
『島耕作シリーズ』に登場する企業。「液晶は五洋」の地位を確立した勝浦大喜が弱冠48歳で社長に就任。得意とする液晶と電池の技術が狙われソムサン電子からM&Aが仕掛けられる。初芝電器産業にホワイト...

登場作品

若くして課長に昇進した島耕作。出世欲の薄い島耕作であったが、その誠実な人柄と努力、甘いマスクを武器にして、ビジネスを次々と成功させていく。上司との確執、部下との軋轢、さらに派閥争いに巻き込まれながらも...