郡山 利郎

郡山 利郎

部長島耕作(漫画)の登場人物。読みは「こおりやま としろう」。

登場作品
部長島耕作(漫画) 等
正式名称
郡山 利郎
ふりがな
こおりやま としろう
関連商品
Amazon 楽天

キャラクター紹介

初芝電器産業のアジア地区販売担当役員。56歳。韓国ソウルに滞在中に島耕作の訪問を受ける。故中沢喜一に心酔し、一匹狼的な立場で、同じような考えを持つ島耕作を気に入っていた。次期社長として勝木清春を支持するように説得する島耕作に初めは反発したが、真意を聞いて納得する。

漫画での島耕作

『部長島耕作』

『島耕作シリーズ』の第2作目。

『取締役島耕作』

『島耕作シリーズ』の第3作目。初芝電器産業中国担当役員、北京初芝産業董事長(会長)。北京勤務が長く、中国のビジネス事情に詳しいため島耕作から頼りにされる。向島にある料亭の女将愛人島耕作とともに将来の初芝電器産業を担うつもりでいる。

『常務島耕作』

『島耕作シリーズ』の第4作目。初芝電器産業の専務取締役。次期社長候補の楠本龍彦副社長の派閥に属しているが、それを飛び越えて初芝電器産業第9代社長となる。

『専務島耕作』

『島耕作シリーズ』の第5作目。初芝電器産業第9代社長に抜擢され、「破壊そして建設」をスローガンにして初芝電器産業のそれまでの体制を大きく変える。自身が取締役に抜擢した坂東礼子による背任の責任を取って社長を辞任、相談役に就任する。

『社長島耕作』

『島耕作シリーズ』の第6作目。TECOT相談役。元初芝電器産業第9代社長初芝電器産業五洋電機の合併を機に社長を退任、相談役に就任。

関連人物・キャラクター

中沢 喜一

56歳の若さで初芝電器産業第5代社長となる。4期8年務めたが2期連続赤字の責任を取って辞任し相談役に退く。政府主催の「二十一世紀 対高齢化社会 経済政策懇談会」に電機業界代表として出席。片桐久子とは男... 関連ページ:中沢 喜一

関連キーワード

初芝電器産業

『エピソード2 部長島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。ハツシバアメリカ、フィリピン・ハツシバなどを傘下に持つグローバル... 関連ページ:初芝電器産業

初芝電器産業

『エピソード3 取締役島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。ハツシバアメリカ、フィリピン・ハツシバなどを傘下に持つグローバ... 関連ページ:初芝電器産業

初芝電器産業

『エピソード4 常務島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。ハツシバアメリカ、フィリピン・ハツシバなどを傘下に持つグローバル... 関連ページ:初芝電器産業

初芝電器産業

『エピソード5 専務島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。TOBによって五洋電機と経営統合、持ち株会社初芝五洋ホールディン... 関連ページ:初芝電器産業

初芝電器産業

『エピソード6 社長島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。TOBによって五洋電機と経営統合、持ち株会社初芝五洋ホールディングスを設立。初代社長吉原初太郎、第2代社長木野穣... 関連ページ:初芝電器産業

登場作品

部長島耕作

課長から部長に昇進したエリートサラリーマン島耕作が、これまで経験したことのないワイン事業、音楽事業などに挑戦する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』の続編。 関連ページ:部長島耕作

取締役島耕作

作品発表当時の経済状況を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で取締役となった島耕作が、中国の表と裏のビジネス界で悪戦苦闘する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』、『エピソード2 部... 関連ページ:取締役島耕作

常務島耕作

作品発表当時の経済状況、政治状況、国際的な事件を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で常務取締役となった島耕作が、日本中国インドなどアジアを股に掛け、ビジネスの世界で奮闘する姿を描く。弘兼憲史の代表... 関連ページ:常務島耕作

専務島耕作

作品発表当時の経済状況、政治状況を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で専務取締役となった島耕作が、アジアアメリカでグローバルなビジネスを展開する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作... 関連ページ:専務島耕作

社長島耕作

作品発表当時の経済状況、政治状況を物語に織り込みながら、島耕作が日本屈指の大企業の社長として、政界をも巻き込みながら日本経済のために奮闘する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』から続... 関連ページ:社長島耕作

SHARE
EC
Amazon
logo