島 耕作

島 耕作

島耕作シリーズ(漫画)の主人公。読みは「しま こうさく」。島 奈美とは親族関係にある。

登場作品
島耕作シリーズ(漫画) 等
正式名称
島 耕作
ふりがな
しま こうさく
関連商品
Amazon 楽天

キャラクター紹介

『島耕作シリーズ』の主人公。1947年9月9日生まれ。1970年に大手電器メーカー初芝電器産業に入社した団塊世代のエリート。派閥争いに巻き込まれて左遷されることも多いがそれを糧に変えるバイタリティーがある。常に良き上司、部下に恵まれ、無欲な本人とは裏腹に出世を果たし、社長にまで昇進する。

社内外を問わず多くの女性と関係を持つが、すべて受け身で、自分から積極的に行動することはない。64歳で大町久美子と再婚する。

漫画での島耕作

『島耕作シリーズ』

『島耕作シリーズ』のシリーズ解説。

『課長島耕作』

『島耕作シリーズ』の第1作目。昭和45年(1970年)に大手電器メーカー初芝電器産業に入社した団塊世代のエリートサラリーマン。34歳で営業本部販売助成部宣伝課係長から課長に昇進。小心者で出世意欲に乏しいが、正義感が強く、派閥争いに組みしない。容姿に優れ、才能もあるため、既婚者だが社内外を問わず女性にもて、そうした女性たちの助力も彼の活躍に一役買っている。

島怜子は娘の島奈美を連れて家を出てしまい単身生活、やがて離婚。本社営業本部販売助成部宣伝課、ハツシバアメリカニューヨーク支社宣伝部、本社営業本部販売助成部宣伝課、電熱器事業部営業部宣伝助成課、本社営業本部販売助成部ショウルーム課、フィリピンハツシバマーケティングアドバイザー、本社営業本部販売助成部総合宣伝課を経て、本社総合宣伝部の部長となる。

『部長島耕作』

『島耕作シリーズ』の第2作目。元妻岩田怜子(島怜子)との間に一人娘島奈美をもうけている。無派閥なためにかえって各派閥から敵視され、子会社への出向など多くの苦難が襲いかかるが、それらを糧として成長していく。本社総合宣伝部から、初芝電産貿易サンライトレコードへ出向、その後本社に戻り市場調査室、福岡初芝販売センターを経て、平成14年2月28日の株主総会で取締役への就任が可決され、上海初芝電産へ赴任するまでの間、初芝電産九州支社で九州地区販売担当役員を務める。

『取締役島耕作』

『島耕作シリーズ』の第3作目。平成14年2月28日の株主総会で取締役への就任が可決され、上海地区担当役員となる。上海初芝電産へ赴任するまでの間、初芝電産九州支社で九州地区販売担当役員を務める。上海初芝電産では董事長(会長)、上海エリアの13事業所すべてに董事として名を連ねている。

上海では会員制のスポーツクラブがある28階建て大型高級マンション25階に居住する。中国の大手家電メーカー出発集団との事業提携を成功させるなどして、上海初芝電産の経常利益を大幅にアップさせたことを評価され常務取締役に選任され、中国全土を担当する中国担当常務を務めることとなる。

『常務島耕作』

『島耕作シリーズ』の第4作目。董事長(会長)を務めた上海初芝電産の好業績を評価されて常務取締役に就任、中国全土を担当する中国担当常務となる。東京では万亀健太郎から譲り受けた新宿の高級マンションで暮らしている。上海北京日本の3カ所を精力的に行き来する日々を送っていたが、出発集団がインド進出を目論んでいることを知り、初芝電器産業のインドへの工場進出を計画する。

インド滞在中に偶然にも爆弾テロリストの情報を入手し、日本政府からも注目されるようになる。勝木清春社長の引退に伴い専務取締役に選任される。

『専務島耕作』

『島耕作シリーズ』の第5作目。常務取締役から専務取締役へと昇進。中国インドさらにアメリカを担当し、世界において日本メーカーが劣勢に立たされていることを痛感する。ソムサン電子による五洋電機の敵対的M&Aの際にはグローバルな視点から初芝電器産業がホワイトナイトになることを提案し、社内のみならず国内外からも評価を受け、初芝五洋ホールディングスの初代社長に抜擢される。

『社長島耕作』

『島耕作シリーズ』の第6作目。初芝電器産業五洋電機の持ち株会社初芝五洋ホールディングス(後にTECOTに社名変更)の社長に就任。韓国メーカーソムサン電子をライバルに見据え、それまでライバル関係だった国内企業との連携を模索し、積極的に経済界の要人、政府関係者と交流する。

平成24年7月8日に大町久美子と64歳で再婚。2期連続の大幅赤字の責任をとって、2013年の株主総会で社長を退任、会長に就任する。

関連人物・キャラクター

島 奈美

島耕作と島怜子の娘。両親の離婚に伴い、島怜子に引き取られ、島耕作とはたまの休日に会っている。明朗な性格で成績も優秀、子供ならではの発想で島耕作にヒントを与えることもある。

片桐 久子

島耕作を追って上海に渡り、ワイン評論家ロバート・ベーカーと共にワインバービクセンを開店。しかしもう1人の共同経営者である柳燕生の策略にはまってしまい麻薬に溺れる。島耕作の協力で麻薬中毒から抜けだし、ロ... 関連ページ:片桐 久子

郡山 利郎

キャラクター紹介初芝電器産業のアジア地区販売担当役員。56歳。韓国ソウルに滞在中に島耕作の訪問を受ける。故中沢喜一に心酔し、一匹狼的な立場で、同じような考えを持つ島耕作を気に入っていた。次期社長として... 関連ページ:郡山 利郎

陳 民生

上海初芝電産で島耕作の部下として働く。家電営業部拡販部長。他社からの好待遇でのヘッドハンティングを断ったことを聞いた島耕作は、営業部門の統括責任者に抜擢、給料を倍増させた。

涂 紫雷

栄華飯店のオーナー。西安市内のレストランで働いていたころに、中国視察へ訪れていた現政調会長の三田村翔と出会い、気に入られて来日。三田村翔の事務所で働き、愛人でもあった。しかし三田村翔が大臣になるのを機... 関連ページ:涂 紫雷

小栗 忠光

初芝電器産業取締役。郡山利郎の後を引き継ぎ、北京初芝産業董事長(会長)に就任。昼食は常に北京初芝産業本社や工場の社員食堂で従業員と一緒にとるなど、中国社会に溶け込むことに懸命で、中国語も語学学校に通っ... 関連ページ:小栗 忠光

ビパーシャー・ジンター

インドの映画女優。島耕作と約束した寿司屋での食事を叶えてもらうために来日。島耕作から初芝電器産業のCM出演を依頼され、島耕作との京都旅行を条件に承諾する。その際のデート写真を写真週刊誌にスクープされる。

大町 久美子

キャラクター紹介 初芝電器産業の創始者吉原初太郎の隠し子でTECOTの大株主。1967年8月8日生まれ。島耕作が課長時代から男女関係があり、互いに束縛されるのを嫌っていたが、子宮癌の発症を機に島耕作に... 関連ページ:大町 久美子

関連キーワード

初芝電器産業

『島耕作シリーズ』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。TOBによって五洋電機と経営統合、持ち株会社初芝五洋ホールディングスを設立。2010年に初芝五洋ホールディングス五洋電機とともにTECOTに社名変更。

岡林派

『エピソード2 部長島耕作』に登場する社内派閥。初芝電器産業社内で岡林栄一を中心とする派閥。専務取締役の奈良橋功、常務取締役の赤井勝介、販売推進部部長高野健介らが属す。旧態依然とした派閥体質で何事にも... 関連ページ:岡林派

福岡初芝販売センター

『エピソード2 部長島耕作』に登場する事業所。初芝電器産業が原則として各県に1つ配置し、全国50カ所ある販売センターの1つで、ここを拠点に量販店・小売店に商品を卸す。今野輝常が社長を務めていたときに島... 関連ページ:福岡初芝販売センター

サンライトレコード

『エピソード2 部長島耕作』に登場する企業。初芝電器産業が95%の株式を持つ子会社。赤字が続く同社の立て直しのために代表取締役専務として島耕作が赴任し、リストラが断行される。社長の金子崇ほか大多数の役... 関連ページ:サンライトレコード

CHACO

『エピソード2 部長島耕作』に登場する店。新宿ゴールデン街の小さなカウンターバーで、島耕作中沢喜一の隠れ家的な場所。ロンドンから戻ってきた片桐久子が母の跡を継いでいる。島耕作がサンライトレコード出向時には、内部状況を監視していた星康夫高市千鶴と島耕作の連絡場所にもなった。

馬馬虎虎

『エピソード3 取締役島耕作』に登場する組織。北京市人民政府の役人馬師坤と、日本の外務省と繋がりを持つ北京政経研究所代表の雨虎龍夫が、マフィアと組んで運営する大規模な売春組織。外国企業の要人を中心に、... 関連ページ:馬馬虎虎

上海初芝電産

『エピソード3 取締役島耕作』に登場する企業。初芝電器産業の上海にある合弁会社。島耕作が董事長(会長)を務めている。

初芝五洋ホールディングス

『エピソード5 専務島耕作』に登場する企業。ソムサン電子からM&Aを仕掛けられた五洋電機のホワイトナイトとなった初芝電器産業がTOBを成立させ、初芝電器産業五洋電機が統合したことで誕生した持ち株会社。初代社長は島耕作、会長は万亀健太郎。

TECOT

『エピソード6 社長島耕作』に登場する企業。2010年に初芝五洋ホールディングス初芝電器産業五洋電機を統一して誕生。テクノロジー(技術)のTが真ん中のエコ(環境)を挟んでいるという意味の造語。出発電池... 関連ページ:TECOT

登場作品

島耕作シリーズ

大手電機メーカー初芝電器産業に務める島耕作が課長から社長へと昇進して活躍する約30年間を描いた弘兼憲史の代表的シリーズ作品。初期はサラリーマンの悲哀、オフィスラブを中心にした物語だったが、出世するにつ... 関連ページ:島耕作シリーズ

課長島耕作

課長となったエリートサラリーマン島耕作が、ライバル企業との競争、社内の派閥争いに立ち向かう姿、プライベートのひとときを描く。会社員時代の経験を活かした弘兼憲史の代表作。第15回(2991年度)講談社漫... 関連ページ:課長島耕作

部長島耕作

課長から部長に昇進したエリートサラリーマン島耕作が、これまで経験したことのないワイン事業、音楽事業などに挑戦する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』の続編。 関連ページ:部長島耕作

取締役島耕作

作品発表当時の経済状況を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で取締役となった島耕作が、中国の表と裏のビジネス界で悪戦苦闘する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』、『エピソード2 部... 関連ページ:取締役島耕作

常務島耕作

作品発表当時の経済状況、政治状況、国際的な事件を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で常務取締役となった島耕作が、日本中国インドなどアジアを股に掛け、ビジネスの世界で奮闘する姿を描く。弘兼憲史の代表... 関連ページ:常務島耕作

専務島耕作

作品発表当時の経済状況、政治状況を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で専務取締役となった島耕作が、アジアアメリカでグローバルなビジネスを展開する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作... 関連ページ:専務島耕作

社長島耕作

作品発表当時の経済状況、政治状況を物語に織り込みながら、島耕作が日本屈指の大企業の社長として、政界をも巻き込みながら日本経済のために奮闘する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』から続... 関連ページ:社長島耕作

SHARE
EC
Amazon
logo