剣の舞

剣の舞

戦国時代の日本を舞台に、武士くずれのならず者たちに家族を殺された少女ハルナ。自らの手による復讐を思い立った彼女は、新陰流の高弟である疋田文五郎に弟子入り。 疋田の指導のもとで剣の腕を磨いていたハルナは、やがて武田信玄との合戦に伴う混乱の中で復讐の機会を得る。岩明均による短編歴史漫画『雪の峠・剣の舞』に収録されている一遍。

正式名称
剣の舞
作者
ジャンル
戦国時代
関連商品
Amazon 楽天

概要

時は戦国時代。貧しい農村に生まれ育った少女ハルナの家を、戦のどさくさに紛れて略奪を繰り返す武士の一段が襲撃。ハルナは彼らから暴行を受けるだけでなく、家族を皆殺しにされてしまう。武士らが寝ている隙に金を盗んで逃走したハルナは、自らの手で仇を討つため、当代随一と名高い新陰流の道場を訪問。

そこで見かけた新陰流の高弟である疋田文五郎に無理矢理弟子入りしてしまう。疋田の指導のもとで剣の腕を磨いていたある日、ハルナが逗留している長野家の領地に武田信玄が攻め寄せてきた。合戦の混乱の中で、ついにハルナは敵勢の中に仇である武士の頭目を発見する。

登場人物・キャラクター

主人公

小さな農村で生まれ育った少女。家族を殺して自分を陵辱した武士に自らの手で復讐するため、「甘楽春之介」と名乗り、男装で上泉伊勢守秀綱の道場を訪れる。そして、そこで見かけた若いが腕の立つ剣法家疋田文五郎に... 関連ページ:ハルナ

天下一の剣聖として名高い新陰流の開祖上泉伊勢守秀綱の甥にして高弟。27歳という若さながら、師である#伊勢守も認めるほどの腕前を持つ。伊勢守が木刀に代わって考案した「撓(竹刀)」を使って、ハルナに稽古を... 関連ページ:疋田 文五郎

新陰流の開祖であり、当代きっての剣聖と名高い剣法家。年齢は50代に差し掛かっているが、その腕前はいまだ衰えていない。武田信玄との合戦においては自ら先頭に立ち、十文字槍を振るって幾重にも包囲している兵た... 関連ページ:上泉伊勢 守秀綱

疋田文五郎と並ぶ新陰流の高弟。屈強な弟子たちも震え上がるほどの大声の持ち主。剣術の実力も相当なもので、幾重にも包囲している武田信玄の軍勢を相手に二刀流で応戦。その囲みを突破して生き延びている。同時代の... 関連ページ:神後 宗治

『剣の舞』の登場人物で、ハルナと同郷の若者。復讐の旅に出たハルナを追いかけて旅をしており、新陰流の道場にまでたどり着いた。ハルナのことを心から心配しており、武田信玄の手勢が城を取り囲んだ際も、逃げ出さ... 関連ページ:与吉

ハルナの家を襲撃した武士団の頭目で、鳥居型の飾りが逆さに付いた兜を身につけている。武田信玄の家臣である小幡上総介の手勢だが、戦の混乱の中で野党まがいの略奪行為にも手を染めている。捕らえたハルナを暴行し... 関連ページ:十郎左

畿内随一と謳われる新当流の当主。武田信玄の包囲を破った上泉伊勢守秀綱と木刀での試合に臨むため、彼らが逗留している奈良の宝蔵院を訪れる。まず弟子の#疋田と立ち会ったが、3本中3本を取られて完敗。その後す... 関連ページ:柳生 新左衛門宗厳

上泉伊勢守秀綱が仕えていた人物で、上野国箕輪城の主。家臣からは「大殿」と呼ばれている。作中ではすでに死去しているが戦上手で知られており、武田信玄は業正の存命中は上野に侵攻することができなかった。同時代... 関連ページ:長野 業正

武田信玄の新参の家臣で箕輪城攻略戦の先鋒を務めた。圧倒的な兵力を背景に城内の敵に向かって降伏を呼びかけるも、結局は合戦が巻き起こる。同時代の実在人物小幡信貞がモデルとなっている。 関連ページ:小幡 上総介

宝蔵院の院主で、疋田文五郎と柳生新左衛門宗厳が宝蔵院で試合をした際、立会人を務めた。僧侶ではあるが槍の名手で、宝蔵院流槍術の開祖である。作中では描かれていないが、後に宗厳と共に上泉伊勢守秀綱に弟子入り... 関連ページ:宝蔵院 胤栄

武田信玄家臣内藤修理の部下。包囲する兵と戦って疲れ切った疋田文五郎を相手に、名乗りを上げて一騎打ちを挑んだ。しかし、疋田が放った一撃で脳天から股間まで真っ二つにされてしまう。 関連ページ:大場 八十衛門

場所

上野国

現在の群馬県にあたる。戦国時代において、長野氏が治めていた。 関連ページ:上野国

箕輪城

長野氏の長野業尚によって上野国に築かれた城。武田信玄の侵攻に際して、上泉伊勢守秀綱らがこの城で応戦したが、結局は攻撃を支えきれずに落城した。 関連ページ:箕輪城

SHARE
EC
Amazon
logo