力道山

力道山

KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(漫画)の登場人物。読みは「りきどうざん」。別称、金 信洛。

登場作品
KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(漫画)
正式名称
力道山
ふりがな
りきどうざん
別称
金 信洛
関連商品
Amazon 楽天

概要

大正13年、朝鮮半島北部の小さな村で、6人兄弟の末っ子として生まれる。シルム(朝鮮相撲)の試合に出ているところを、日本の相撲界と関わりを持つ百田巳之吉らの目に留まり、スカウトされる。1939年、二所ノ関部屋に入門し、翌年、力道山として初土俵を果たす。

同名の実在人物がモデル。

登場作品

KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

「昭和の巌流島決戦」と言われた、力道山対木村政彦。その闘いは、力道山の一方的な八百長破りで決着した。日本中に無残な敗北姿をさらした木村は、力道山の裏切りを許せなかった。武道家として生きてきたはずの木村... 関連ページ:KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

SHARE
EC
Amazon
logo