男の星座

男の星座

原作者の梶原一騎が自らを主人公に、フィクションを交えつつ半生を綴った自伝的作品。柔道少年梶一太は暴力事件を起こし、高校を中退する羽目になるが、漫画原作者の道を選び成功していく。彼が様々な格闘家や女性との出会いを通して挫折や成功を繰り返していく物語。大山倍達や力道山との関わりにかなりのスペースが割かれており、戦後の日本のプロレス、格闘技の裏面史を描いた実録物という側面を持つ。当初は「梶原一騎引退作品」と銘打って連載され、『巨人の星』や『あしたのジョー』などの名作が、いかにして生まれたかが描かれる予定だったが、連載の途中で梶原一騎が急逝したため、未完のまま終了となった。

概要

昭和29(1954)年12月22日、「プロレス巌流島の決闘」とうたわれた力道山木村政彦の世紀の一戦は、木村が力道山に惨敗を喫するという意外な結果に終わった。この一戦を東京蔵前国技館で観戦していた高校生で柔道少年の梶一太は、尊敬する柔道家、木村の敗戦にショックを受けるが、同時に木村の仇を討つべく、力道山への挑戦を表明した空手家の大山倍達に興味を持つ。やがて一太は暴力団と乱闘事件を起こして高校を自主退学するが、一念発起して雑誌「少年画報」の懸賞小説に応募。見事に入選し、「梶原一騎」のペンネームで少年小説家としてデビューすることになる。原稿が売れていく中でストリッパーの八神カオルと恋に落ちるも破局が訪れる。実父との死別や仕事を失う等の不幸に見舞われつつも、空手家大山倍達や伝説のレスラールー・テーズなど様々な格闘家との出会いの中で男として成長してゆく。

徐々に文筆業で身を立てつつあった梶一太が大手出版社から漫画原作の依頼を受ける場面で、物語は未完に終わっている。

登場人物・キャラクター

主人公

原作者の梶原一騎が、自らをモデルにした登場人物。子供の頃から頭に血が上りやすく、同級生に重傷を負わせて救護院に入っていた過去を持つ男性。実直で正義漢だがその反面短気で、後先考えずに手を出してしまうこと... 関連ページ:梶 一太

のちに極真空手を創設することになる、実在した空手家の男性。猛牛を素手で倒したという逸話を持つため、「ウシ殺しの大山」の異名を持つ。アメリカでプロレスラーとして活躍していたが、日本ではほぼ無名だったため... 関連ページ:大山 倍達

国民的人気を誇った男性のプロレスラー。相撲取りからプロレスラーへ転向した。必殺技の空手チョップで大活躍して、日本中にプロレスブームを巻き起こし、伝説のプロレスラーとなる。北朝鮮出身で、本名の「百田光浩... 関連ページ:力道山

「鬼の木村」の異名を取った柔道家の男性。講道館柔道七段。「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」とうたわれた天才。プロレスに転向後、力道山とタッグを組み活躍する。しかし、引き立て役である自分の地位に... 関連ページ:木村 政彦

「地上最強の男」「鉄人」とうたわれたプロレスラーの男性。圧倒的な強さを誇り、連続2000試合不敗など多くの記録を達成した。得意技はバックドロップ。強烈なプライドとプロ意識の持ち主。気鋭の若手であるレオ... 関連ページ:ルー・テーズ

梶一太の実弟。高校では常にクラス首席の秀才で、劣等生の一太とは真逆のタイプ。兄弟仲は良く、高校を退学してくすぶっていた一太に、少年小説の応募を勧めた。洞察力に長けた理知的な青年。良き理解者として兄の人... 関連ページ:梶 真二

梶一太、梶真二らの父親。高校の英語教師を経て、雑誌編集者となった。戦前は「中央公論」と「改造」で編集の仕事に従事。戦後は新生社の発行する雑誌の編集局長を歴任するなど、日本文壇史に関わってきた人物。戦中... 関連ページ:梶 東輔

浅草六区のストリップ劇場で働く、売れっ子のダンサーの女性。本名は珠枝。梶一太の初恋の女性。個人的な交際を夢見てのぼせ上がる一太にしつこくつきまとわれ、当初は迷惑に感じていたが、彼の意外な繊細さに魅かれ... 関連ページ:八神 カオル

沢田 明彦

八神カオルに想いを寄せる若い男性。東宝系の劇場「日劇」営業部門に勤める慶応大学卒のエリート。肩の力の抜けた物腰の柔らかい人物だが、芯は強く、カオルへの想いを梶一太に堂々と宣言。一太の威嚇にもまったく動じず、彼に敗北感を味わわせる。

暴力団の幹部の情婦。京浜蒲田を縄張りとし、梶一太と対立している暴力団「O一家」の代貸の情婦。女優の若尾文子に似た美人。一太が開店したバーに難癖をつけ、様々な嫌がらせをしかける。「O一家」が経営するキャ... 関連ページ:夕子

大山倍達の門下生。まだ19歳の青年ながら、大山門下の四天王の1人に数えられている天才的な空手家。『空手バカ一代』の登場人物・有明省吾のモデルになったとされる。純情で一本気な青年だが、長崎で原爆に被爆し... 関連ページ:春山 章

オデン屋の屋台を営むゲイの中年。春山章に好意を寄せ、私設後援会長を自称している。春山が一緒ならタダで飲み食いをさせてくれるので、彼の屋台は大山倍達門下生のたまり場となっている。かつては「ジャニー・ギタ... 関連ページ:ジャニー

集団・組織

大山空手

大山倍達の提唱した空手の流派。『男の星座』では、「ひとたび道着をまとい相対したなら親でも倒せ!!」の精神を旨として、他の流派では反則とされる顔面攻撃や金的蹴りも厭わない、実践的で過激な「ケンカ空手」として描写されている。

イベント・出来事

プロレス巌流島の決闘

『男の星座』の冒頭で行われたプロレスの試合。力道山と木村政彦が対戦した。木村から宣戦布告した試合だが、力道山の一方的な攻めで開始からわずか15分、KOによる力道山の勝利で決着が着いた。史上まれに見る真... 関連ページ:プロレス巌流島の決闘

書誌情報

男の星座 全5巻 松文館〈梶原一騎原作漫画傑作選〉 完結

第1巻

(2002年5月発行、 978-4944154739)

第2巻

(2002年6月発行、 978-4944154746)

第3巻

(2002年7月発行、 978-4944154753)

第4巻

(2002年8月発行、 978-4944154760)

第5巻

(2002年9月発行、 978-4944154777)

SHARE
EC
Amazon
logo