千年の翼、百年の夢

千年の翼、百年の夢

日本人男性がパリのルーヴル美術館など美術名所で時空を超え、過去の偉人と出会うなど美術史への遥かな旅を体験する美術ファンタジー。ルーヴル美術館がその魅力を世界に発信する企画の一環として執筆された。全編オールカラーで描かれている。作者はフランス文化芸術勲章など海外でも多くの賞を受賞している。

正式名称
千年の翼、百年の夢
作者
ジャンル
歴史もの一般
レーベル
ビッグコミックススペシャル(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本人男性の「」は海外での仕事帰りに一人でパリに滞在し、美術館巡りをしようとする。しかし長旅の疲れか風邪をこじらせ寝込んでしまう。何とか回復した「」は予定通りルーブル美術館へと出向く。しかし来場客の多さに気圧され、体調不良がぶり返してしまう。人の少ない場所で休息していたところ、「」の前に現代離れした格好の謎の女性が現われ、声をかけてくる。

登場人物・キャラクター

日本人の男性。海外での仕事帰りに一人でパリに滞在し、美術館巡りをする予定だった。風邪をこじらせて寝込んだ後にルーヴル美術館など名所を訪れるが、風邪の後遺症か、美術を巡る様々な幻視体験を味わうことになる。作中に名前は出てこない。

主人公の「僕」の前に姿を現わす謎の女性。現代離れした古めかしい衣装を身にまとっている。「ルーヴル宮の守り人」を自称し、収蔵の美術品を何百年も守り続けていると言う。「僕」を美術史を巡る夢幻の旅へと導く存... 関連ページ:ルーヴル宮の守り人

浅井 忠

明治時代に実在した日本人の画家。政府が初めて創設した美術学校で洋画を学ぶ。パリへの留学経験もあり、本場の西洋美術に影響を受けた作品を制作した。主人公の「僕」はフランス人画家コローの絵をルーヴル美術館で眺めながら思索にふけるうち、時空を超えて彼と出会い、会話を交わした。

ゴッホ

19世紀に実在したオランダ人の画家。晩年はパリ郊外のオーヴェル・シュル・オワーズに暮らし、その地で拳銃自殺を遂げた。死後に評価が上がり、現在では世界的に有名な画家。主人公の「僕」はその地を訪れゴッホに思いを馳せるうち、時空を超えて彼と出会う。

ジャック・ジョジャール

フランス国立美術館副局長。1939年、ナチスの侵攻からルーヴル美術館の所蔵品を守るため、強い意志をもって美術品の移送を指揮した。彼の行動力によって多くの美術品が略奪・破壊をまぬがれた。主人公の「僕」はルーヴル宮の守り人との会話で彼の存在を知らされる。

SHARE
EC
Amazon
logo