吉野の宮

とりかえ・ばや(漫画)の登場人物。読みは「よしののみや」。

  • 吉野の宮
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
とりかえ・ばや(漫画)
正式名称
吉野の宮
ふりがな
よしののみや

総合スレッド

吉野の宮(とりかえ・ばや)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

先々帝の第三皇子で、先帝・朱雀院との後継者争いに巻き込まれて公での生活に嫌気がさし、吉野の離宮に引き籠もってしまった男性。遣唐使として留学した経験があり、様々な学問や陰陽道、天文学、夢解き、人相見などにも通じている。女東宮の行幸に随伴した藤原涼子こと沙羅双樹の君と、藤原月光こと睡蓮と遭遇し、すぐに二人が性を取り違えていることを見抜いた。

二人に尋常ならざる混乱した運命と幸運を見て取り、困ったことがあったら自分を頼るように伝える。

登場人物・キャラクター

活発で運動神経が良く、幼い頃から使用人の男の子と元気に外で遊び回ってた女の子。成人前にも関わらず、当時帝であった朱雀院より、清涼殿・殿上の間への出入りを許された五位の位を授かり、14歳で男として元服す...

登場作品

平安時代の超上流貴族・藤原丸光には、二人の妻が同日に産み落とした、双子のようにそっくりで美しい男女二人の子供がいた。しかし、藤原涼子と名付けられ沙羅双樹の姫君という愛称で呼ばれる姉は、文武に秀でた愛ら...