暴れん坊少納言

学問の素養は高いが、暴れん坊で恋愛面ではツンデレの清少納言を中心に、後の夫となる橘則光や彼女のあるじとなる中宮定子、ライバルの紫式部たちとのはちゃめちゃな宮廷生活を描く。現代風のアレンジはかなり多いが、「平安高校 課外補習」というおまけ漫画で、実際の歴史や作中の裏話も紹介している。

  • 暴れん坊少納言
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
暴れん坊少納言
作者
ジャンル
平安時代
 
ギャグ、コメディ一般
レーベル
ガムコミックスプラス(ワニブックス)

総合スレッド

暴れん坊少納言(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

橘 則光(暴れん坊少納言)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
安倍 晴明(暴れん坊少納言)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

概要

女性に無縁な橘則光がお見合いした相手は、清原諾子というツンデレ気味な少女だった。お見合い自体は破談となるが、諾子が宮中での則光のピンチを救ったことをきっかけに、彼女は中宮定子に招かれて梅壺所属の女房になる。生来の暴れん坊な性格とここぞというときに働く機転を武器に、後に清少納言を名乗る諾子は、則光や先輩女房の和泉式部、ライバルとなる紫式部中宮彰子らと数々の騒動を引き起こす。

登場人物・キャラクター

主人公
本名の「清原諾子」は親兄弟や夫となる相手にしか明かせないが、橘則光はしばしば彼女を「諾子」と呼ぶ。歌人で中流貴族の清原元輔の娘。貴族の娘であるものの、和歌や風流ごとや恋愛ごとよりも漢籍を読んだり野山を...
名門貴族である橘家の長男だが、生来の無骨者で和歌や酒、風流ごとが大の苦手。逆に体を鍛えることや武芸が好みで、木刀で丸太を折ったり、引いた弓をへし折ったりするほどの剛の者である。当初は宮中の大工仕事を管...
関白藤原道隆の娘で、一条天皇の第一皇妃。彰子が入内した際には中宮から皇后宮に奉り上げられた。自身が退屈しのぎで催した歌会にて、風流の素養が皆無の橘則光に見せ場を作った清少納言の機知を買い、彼女を自身の...
源氏物語の作者であり、清少納言の良きライバル。父親は藤原為時で、当初は家に引きこもって「源氏物語」を書き記していたが、やがて藤原道長に招かれて、彰子の女房として宮仕えをすることに。当初はわがままな彰子...
定子と彰子の両方に仕える女房。金髪巨乳という派手な見てくれで、胸の露出が多いヒョウ柄の着物を愛用している。教養もセンスも高い大人の女性だが性格は自由奔放でほれっぽく、男性遍歴も多い。ただし、その恋は悲...
定子に仕える女房。ジャージのような着物を着用し、手にはいつも「急急如律令」という陰陽道の呪文が書かれた笏を手にしている。梅壺では最古参の女房で、当初は破天荒な清少納言のことをうとましく思っており、隙あ...
藤原道長の娘で定子の従姉妹。後に定子に代わって中宮の座に就く。銀髪のポニーテールに西洋風の着物という独特のファッションで、入内から3年後には和泉式部にも負けない巨乳に成長した。12歳の頃から定子を押し...
内裏の警護を担当する従五位上・右衛門権佐の職に就いている。その役職から清少納言から「ゴンスケ」と呼ばれているが、宣孝は少納言のことを「ブス」と言い返している。橘則光の友人だが、風流ごとや色恋に無縁の則...
内裏外周の警護を行う正四位下・右近衛中将の職に就いている。後に参議を兼ねて宰相中将(さいしょうのちゅうじょう)とも呼ばれる。橘則光と藤原宣孝の友人で、しばしば3人で行動を共にしている。藤原氏の嫡流であ...
元々は藤原道長の妻に仕えていたが、彰子の女房となる。物語や詩の筆写、お香の扱いに長けている。愛読書は枕草子と源氏物語で、それぞれの作者である清少納言と紫式部の親友になりたいと思っている。しかし、その思...
『暴れん坊少納言』の登場人物で第66代天皇。定子と彰子の夫でもある。気は弱いが心優しい好人物で、定子とは相思相愛の仲。定子のためなら桃の花を用意し、出産の際には身分を偽って会いに行くほどの行動力もみせ...
当初は正三位・中宮大夫で、後に左大臣に昇進した。定子の父親である藤原道隆と一条天皇の母親である詮子の弟で、兄の血を引く勢力を追い落とすことにやっきとなる。和泉式部には「ショッパイ親父」と呼ばれるなど権...
関白・藤原道隆の嫡男で従二位・内大臣。一見すると弓に優れて容姿にも恵まれた天才貴公子だが、実は平凡な能力で自己暗示をかけないとプレッシャーに負けてしまうヘタレ。妹の定子にもたびたび泣きつき、清少納言に...
従四位相当で、天皇の秘書官である蔵人頭と太政官である権左大弁を兼任する頭弁。清少納言には役職の頭弁から「弁ちゃん」と呼ばれている。後世に三蹟の一人と呼ばれるほどの能書家で、その達筆さは字の汚い少納言が...
清少納言からは「ハカセ」と呼ばれている。元は天文博士として宮中にて働いていたが、空気になじめず辞めてしまい、今は山歩きをしながら自然観察にいそしんでいる。少納言ならびに橘則光とは、少納言が仕掛けた落と...
清原家に仕える侍女で、いつも清少納言のお世話をしている。後に「長女」と呼ばれる、宮中の雑用をする下位の女官となる。さばけた性格で、語尾は「~っす」というもの。少納言のことは「お嬢」と呼んでいる。左目を...

集団・組織

『暴れん坊少納言』に出てくる舞台または組織。定子の住まう後宮で、庭に紅白の梅が植えられていたことからが梅壺と称された。定子に仕える女房たちのサロンも梅壺と呼ばれており、作中では清少納言、宰相の君、和泉...
『暴れん坊少納言』に出てくる舞台または組織。彰子の住まう後宮で、庭に藤が植えられていたことからが藤壺と称された。彰子に仕える女房たちのサロンも藤壺と呼ばれており、作中では紫式部、和泉式部、赤染衛門らが...