君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

住野よるの同名小説のコミカライズ作品。難病に侵された明るい女子高生と、彼女が病気であることを偶然知ってしまった目立たない男子高生という、それまで接点のなかった2人の奇妙な交流を描く青春ラブストーリー。「月刊アクション」2016年10月号から2017年7月号にかけて連載された作品。2017年7月から、月川翔監督、浜辺美波と北村匠海のダブル主演による劇場版が公開されている。

正式名称
君の膵臓をたべたい
作画
原作
ジャンル
恋愛一般
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

上巻

本好きの地味な高校生の【僕】は、急死したクラスメイトの山内桜良の通夜に行かず、一人で自室に閉じこもって本を読んでいた。しかし、実は【僕】と桜良はただのクラスメイト以上の関係であった。そんな【僕】が彼女に最後に送ったメールの内容は、「君の膵臓をたべたい」というものだった。

【僕】は桜良の生前、病院で偶然に彼女が書いた「共病文庫」を読み、彼女が膵臓の病気で余命幾ばくもない事を知った。そこから二人の特別な交流が始まったのである。桜良は大変な状況にもかかわらず、人当たりがよくて明るく前向きで、誰からも愛されていた。自分とは正反対である桜良と交流していくうちに、【僕】は彼女に惹かれていく。

下巻

山内桜良に未練があった彼女の元彼、タカヒロと対峙する事によって、【僕】は桜良をより強く意識するようになった。しかしそんな時、桜良は入院してしまう。お見舞いに行った際、桜良の親友である恭子と鉢合わせした【僕】は、桜良を傷つけたら許さないと言われる。その後、桜良に抱きしめられているところを恭子に目撃されて【僕】は怒られるが、これを機に二人の仲はさらに深まる。そして、今まで他人に興味がなかった【僕】は、桜良の影響で他人の心を意識するようになっていく。【僕】はその人間的魅力で自分を変えてくれた桜良に、愛情と尊敬の思いをこめて「君の膵臓をたべたい」という言葉を送った。しかし、その言葉が届く前に桜良は、病気ではなく、通り魔に命を奪われてしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

高校生の男子。前髪を目の上で切ったストレートショートカットの髪型をしている。物静かで他人に関心の薄いクールな性格。そのため人とのかかわりを持たず、高校でも1人でいることが多い。しかしある日病院へ行った... 関連ページ:【僕】

高校生の女子で、【僕】のクラスメイト。髪型は前髪を目の上で切り、胸まで伸ばした茶髪のストレートロングヘアにしている。明るく分け隔てない性格で、誰からも好かれるクラスの中心的存在。しかし実は膵臓の病気に... 関連ページ:山内 桜良

高校生の女子で、山内桜良や【僕】、タカヒロとはクラスメイト。桜良と特別に親しいことから、【僕】には「親友さん」と呼ばれている。前髪を右から左へ向かって斜めに分け、耳の下まで伸ばしたボブヘアにしている。... 関連ページ:恭子

高校生の男子で、山内桜良や【僕】、恭子とはクラスメイト。髪型は前髪を眉が見えるようにばらばらの高さで切ったショートカットで、眼鏡をかけている。桜良に想いを寄せているが、桜良の病気のことは知らないため、... 関連ページ:タカヒロ

髪型は前髪を左寄りの位置で分けたショートカットにしている。桜良の死後、桜良の遺品から「共病文庫」を発見したことから、桜良が「共病文庫」を執筆した真意を知る。しかし「共病文庫」に書かれている桜良の親しい... 関連ページ:山内桜良の母親

【僕】の母親

前髪を右寄りの位置で斜めに分け、耳の高さまで伸ばしたボブヘアにしている。山内桜良と面識はないが、【僕】に親しい女性ができたことを察しており、最近明るく前向きになりつつある【僕】の変化を喜んでいる。

イベント・出来事

真実か挑戦

山内桜良が好きなトランプゲーム。裏返して楕円形に置いたトランプから1枚選び、選んだカードの数字が大きい方が勝利するというルール。勝利した側は敗北した側に質問することができ、敗北した側は質問に答える場合... 関連ページ:真実か挑戦

その他キーワード

共病文庫

山内桜良が、書き続けていた日記。その名の通り文庫本サイズのノートに綴られており、さらにブックカバーがかかっているため、日記には見えない。内容は闘病日記だが、桜良が「病気になった自分の運命を恨まないため... 関連ページ:共病文庫

SHARE
EC
Amazon
logo