壬生 隼人

反逆児(漫画)の主人公。読みは「みぶ はやと」。国元とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
反逆児(漫画)
正式名称
壬生 隼人
ふりがな
みぶ はやと

総合スレッド

壬生 隼人(反逆児)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

薩摩士館高校の男子生徒で剣道部の元主将。薩摩士館高校の民主化運動に対し、その思想自体は認めながらも、民主化運動リーダーがただ闘争をしたいだけの人間であることを喝破し、一人で剣道部室に立てこもっていた。原田の命を懸けた説得に心を動かされて学校を去り、放浪を続けているうちに、自分と母を捨てた父親を探すことを目的とするようになる。

身体能力や剣の腕は高く、竹刀で真剣に渡り合えるほど。

登場人物・キャラクター

右翼団体・壮士塾に所属する青年で、左派政治家である黒崎を国賊として暗殺しようとするも、壬生隼人に妨害され逃走。割腹自殺を図り、最後の願いとして壬生に介錯を頼む。

関連キーワード

『反逆児』の序盤の舞台となる高校。壬生隼人らが通っている。鹿児島一を誇る私学で、明治以来80年の伝統があったが、学園民主化運動によって旧経営陣が退陣している。

登場作品

鹿児島一の私学であり、明治時代以来の伝統を誇る薩摩士館高校は、学園民主化運動の波にさらされていた。旧態を死守しようとする経営陣は退陣し、新体制についていけない教師や生徒はほとんどが退校する中、元剣道部...