雨に似ている

雨に似ている

渡辺多恵子による、命の尊さをテーマにした読み切り短編集。表題作『雨に似ている』は、渡辺多恵子の別作品『はじめちゃんが一番』の作中劇。

正式名称
雨に似ている
作者
ジャンル
青春
 
少年愛/BL
関連商品
Amazon 楽天

概要

沢木智之は元気でやんちゃな高校2年生。サッカー部ではエースストライカーだが、サッカー以外にも興味のあることには全力投球。一方、転校生の奥瀬悠一は自分の殻に閉じこもり、口を開けばトゲのある発言で周囲の者を拒絶する。自分とは正反対の悠一のことが癇に障るが、なぜか気になる智之だった。

登場人物・キャラクター

沢木 智之

高校2年生。サッカー部のエースストライカーを務める少年。「生命力が服を着てるようなやつ」と称されるほど、いつもはちきれそうなくらい元気。ただし、勉強はあまり得意ではない。バイクに興味があり、それを購入するためにアルバイトをしている。森村多貴のことを異性として意識している。

奥瀬 悠一

高校2年生の少年。春から沢木智之のクラスに転入してきた。先天性の心臓奇形で、体質が原因で手術もできない。2歳の時に医者から「14歳まで生きられればいい方」と宣告される。他人との接触を極端に拒むが、校内に比較できる者がないほどの美形で、神秘的であると、女生徒からの人気は高い。

森村 多貴

沢木智之の幼なじみであり、クラスメイトの少女。また、サッカー部のマネージャーも務めている。奥瀬悠一に憧れているそぶりを見せるが、心の中では智之のことが好き。智之が悠一に特別な感情を持っていることに、唯一気づいていた存在である。

悠一の母

藤ヶ丘総合病院の厨房で働きながら、女手1つで病気の奥瀬悠一を世話している。悠一が心臓に欠陥を抱えて生まれたことを自分の責任だと感じ、自分を責めている。いつも車で悠一の送り迎えをしている。

SHARE
EC
Amazon
logo