大都会にほえろ

女子高生にして雷を操る妖怪Gメンである梶原鬼羅と、警視庁本庁に所属する刑事の陣内淳二、そして美人OLの浅野薫子が、妖怪(モンスター)による事件を解決しながら、ドタバタの三角関係を展開していくラブ・コメディ。

正式名称
大都会にほえろ
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
あすかコミックス(角川書店)
巻数
全9巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ハードボイルドを愛する陣内淳二が担当したのは、女子大生が原形すらとどめない肉片となって発見された猟奇殺人事件。迷宮入りするかに思えたこの事件に、助っ人としてやってきたのは何とキュートな女子高生だった。彼女は妖怪Gメンの一員である梶原鬼羅で、陣内と鬼羅は度々タッグを組むようになり、数々の事件を解決していく。

だが、そんな2人の前に妖怪(モンスター)犯罪結社「黒の都」が立ちはだかるのだった。

登場人物・キャラクター

梶原 鬼羅

雷を操る力を持つ16歳の女子高生にして妖怪Gメン。頭に生えている角から放電してしまうため、普段は九字の書かれたバンダナをヘアバンド代わりにして力を封印している。母親が妖怪(モンスター)と行きずりの恋をして生まれた半人半妖で、父親の手がかりを探すために妖怪Gメンとして働いている。陣内淳二からうっかりキスをされて以降、陣内のことが気になってしまう。 実は通っている高校はお嬢様学校である。

陣内 淳二

警視庁刑事課に所属する巡査。ハードボイルドをこよなく愛しているため、自身のことを「J・J」と呼ぶように周りに強要し、同僚や上司のこともハードボイルド風のあだ名を勝手に付けて呼んでいる。髪型はオールバック。「女子大生猟奇殺人事件」をきっかけに梶原鬼羅、浅野薫子と知り合い、双方の女性に惹かれていくようになる。

浅野 薫子

「女子大生猟奇殺人事件」の目撃者。角川銀行の窓口で働くOL。社内一の美人と言われているが、天然ボケで鈍いため自身の美貌に気づいていない。行く先々で事件に巻き込まれる体質だが、人間離れした運動神経の良さで切り抜けていく。体を張って自分のことを守ってくれた陣内淳二に想いを寄せている。

男子高校生の妖怪Gメンで、バンパイアの血を引く狼男である。髪型は襟足が肩を超える長さのウルフカット。「牙」はコードネームで、本名は不明。「不良少女麻薬強奪事件」で陣内淳二と組むことになるが、梶原鬼羅に思いを寄せているため陣内のことが気に入らない。

鈴木 浩一

双頭のワーウルフ。10年前に陣内淳二の上司である石川巡査部長に逮捕された後に一度は更生したものの、出所後に付き合っていた女性に振られたことが引き金となり、再び犯罪の道へ足を踏み入れてしまう。

菅沼 順一

トランシルバニア出身のバンパイアで、ロマンスグレーの男前。餌にする女性をおびきよせる罠として「菅沼美容クリニック」を経営している。そこにやってきた浅野薫子に一目惚れし、妻に迎え入れようとする。

根本 あずさ

妖怪(モンスター)犯罪結社「黒の都」の専務。正体は九尾の狐。勘違いから陣内淳二にときめきを感じ、敵だと分かっていながらも淡い恋心を抱くようになる。

集団・組織

黒の都

妖怪(モンスター)による犯罪結社だが、社長、重役など役職と序列があり、形態は会社組織そのものである。社長は若い男で正体は不明だが、梶原鬼羅の父親について何か知っているような様子を見せる。

その他キーワード

妖怪Gメン

アメリカFBI(連邦捜査局)に直属し、特別任務に服する妖怪(モンスター)専門の捜査官。普通はコードネームを使用するが、父親探しのために名前を売りたいという希望から梶原鬼羅に限り本名を名乗っている。

書誌情報

大都会にほえろ 全9巻 角川書店〈あすかコミックス〉 完結

第1巻

(1993年2月発行、 978-4049243376)

第2巻

(1993年9月発行、 978-4049243758)

第3巻

(1994年6月発行、 978-4049244298)

第4巻

(1994年11月発行、 978-4049244717)

第5巻

(1995年7月発行、 978-4049245219)

第6巻

(1996年3月発行、 978-4049245752)

第7巻

(1997年2月発行、 978-4049246452)

第8巻

(1998年4月発行、 978-4049247251)

第9巻

(1998年6月発行、 978-4049247367)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo