安政の大地震

安政の大地震

陽だまりの樹(テレビアニメ)に登場する災害。読みは「あんせいのだいじしん」。

登場作品
陽だまりの樹(テレビアニメ)
正式名称
安政の大地震
ふりがな
あんせいのだいじしん
関連商品
Amazon 楽天

概要

安政二年(1855年)10月2日に発生した大地震。江戸市中はこの地震に伴って発生した大火に包まれた。伊武谷 万次郎は、この際に被災者の避難を行い、幕府に認められた。

しかし、伊武谷万次郎が私淑していた水戸藩の学者藤田東湖は倒壊した自宅の下敷きになって亡くなった。

登場作品

陽だまりの樹

開国を迫る諸外国が来航していた幕末の日本に、対照的な二人の若者がいた。関東のとある小藩の下級武士である侍の伊武谷万次郎、そして江戸の医師手塚良庵である。無骨者の伊武谷万次郎と放蕩者の手塚良庵は対照的な... 関連ページ:陽だまりの樹

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
陽だまりの樹
logo