尋常人間ZERO

尋常人間ZERO

とある女子大生を監禁していた男性のもとに警察が乗り込む、というクライマックスの場面を起点にし、時間を遡って事件の真相が明るみにされていく。「この世に尋常な人間というものは存在するのか」を世に問う特異なミステリー。放送作家でもある鈴木おさむが台本を手がけた舞台を漫画化した作品。「YOU」2009年No.7とNo.8に掲載された。

正式名称
尋常人間ZERO
ふりがな
じんじょうにんげんぜろ
原作者
鈴木おさむ
作者
ジャンル
推理・ミステリー
レーベル
クイーンズコミックス(集英社)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ごく普通の高校教師である大川巧美。表向きは平穏な生活を送っていたが、実は自宅に1人の女性を監禁していた。監禁されていた女性は白根沙紀という大学生。人には言えない過去を持つ2人の、「監禁」という名の共同生活の謎が、時を遡ることで明らかになっていく。

登場人物・キャラクター

大川 巧美 (おおかわ たくみ)

女子高の教師をしている男性。ごくごく平凡な生活を営んでいたが、日々の溜まりに溜まったストレスによって魔が差し、監禁コースでデリヘル嬢を頼んでしまう。過去に父親が起こしたとある事件について今も思い悩んでいる。父親と同じにならないよう、常に自身は尋常な人間なのだと言い聞かせている。

白根 沙紀 (しらね さき)

聖院女子大の2年生で、大川巧美の家に監禁されている女性。ロングヘアーをした綺麗な女の子で、マンションで一人暮らしをしている。とある理由でデリヘル嬢としてクラブで働いている。そのクラブの監禁コースに申し込んだ巧美の家に、デリヘル嬢としてやって来た。クラブでは「まい」と名乗っている。

熊沢 (くまざわ)

大川巧美の同僚の女性。高校では国語を担当しており、巧美に好意を抱いている。ショートカットに大きなつり目で、タイトスカートのスーツを着用している色気のある人物。実は白根沙紀が、巧美の家で監禁されていることを知っている。

久保 (くぼ)

大川巧美の同僚の男性。巧美の隣のデスクで、学校では常にジャージを着用している。サッパリとした性格で口調も軽く、職員室でも軽率な言動をすることがある。巧美の恋愛事情に興味があるらしく、熊沢に誘われて巧美の家を訪れた際も、彼女に会わせろと迫っていた。

沢田 (さわだ)

刑事の男性。角刈りで厳つい顔をした中年。大川巧美が教師として勤務する女子高で、生徒がトラックに轢かれる事故が発生した際、これに事件性があると考えて、巧美達に話を聞きに来た。行方不明になっている白根沙紀のことも調べている。

クレジット

原作

鈴木おさむ

書誌情報

尋常人間ZERO 全1巻 集英社〈クイーンズコミックス〉 完結

第1巻

(2009年7月17日発行、 978-4088655451)

SHARE
EC
Amazon
logo