小八汰

小八汰

魔法使いの娘 / 魔法使いの娘ニ非ズ(漫画)の登場人物。読みは「こやた」。

概要

見た目は黒髪で小柄な高校生ぐらいの少年だが、大人びた横柄な口をきく。その正体は人間ではなく「鬼」であり、陰陽師・鈴の木無山の「式神」である。式神とは術者の命令に従う存在のことで、小八汰は無山には絶対服従であり、勝手に動くことはできない。真の姿は恐ろしい巨体で、強大な力を持つ。

幽霊や妖怪を食らうことを好む。

関連人物・キャラクター

鈴の木無山

37歳の男性。鈴の木初音の育ての親。丸メガネをかけ柔和な顔つきで細身の男性だが、国家に珍重される程の能力を持つ日本一の陰陽師である。家ではジャージ姿のこともあるが、和服や作務衣を着ていることが多い。初... 関連ページ:鈴の木無山

登場作品

魔法使いの娘 / 魔法使いの娘ニ非ズ

鈴の木初音は、ごく普通の女子高生だが、特別な点がひとつある。養父の鈴の木無山は国家的有力者に珍重される程に能力の高い陰陽師なのだ。無山は初音に跡を継がせようと考えているが、初音にその気は全くない。 し... 関連ページ:魔法使いの娘 / 魔法使いの娘ニ非ズ

SHARE
EC
Amazon
logo