XXXHOLiC

願いを叶える店の主人である壱原侑子と、男子高校生の四月一日君尋が不思議な出来事に遭遇していくオカルトファンタジー。

正式名称
XXXHOLiC
作者
ジャンル
オカルト
 
ファンタジー
レーベル
講談社コミックスDX(講談社)
巻数
全19巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ある日四月一日君尋は、ある家に自然と足が向いてしまう。そこは壱原侑子が営む、願いを叶える店だった。願いを叶えるためには、その願いと同等の対価を払わなければいけない。四月一日君尋はアヤカシが見えたり憑かれたりする体質を治したいという願いのため、対価としてその店でバイトとして雇われることになる。店はそこを必要とする者にしか見えず、その店を訪れる客達と出会いながら不思議な出来事と遭遇していく。

登場人物・キャラクター

四月一日 君尋 (わたぬき きみひろ)

誕生日も名前と同じ4月1日。黒髪で眼鏡をかけている高校生。自分に流れる血のせいでアヤカシを視ることができ、アヤカシにとってはとても美味しそうな存在のため引き寄せてしまう。その力を消す願いをかなえる対価として壱原侑子の店でバイトする事になる。家事は万能で料理上手。割烹着に三角巾姿で家事をこなしている。 アヤカシに襲われたときに百目鬼静に助けてもらい、お礼にお弁当を作る事になり、四月一日君尋が好きな九軒ひまわりも含めて3人でお昼御飯をよく食べるようになる。百目鬼静が蜘蛛の巣をはらった事から右目が開かなくなった際、自分の眼を対価にして百目鬼静の眼を元に戻したが、そのせいで四月一日君尋の目は見えなくなった。 その後百目鬼静の右目の半分をもらい、自分が右目で視るものを百目鬼静と共有することになる。

壱原 侑子 (いちはら ゆうこ)

壱原侑子と名乗っているが偽名。長いまっすぐな黒髪の女性で、大酒のみで美食家。煙管でタバコを吸う。華押は蝶。願いを叶える代わりに同等の対価を貰うお店の主人。ミステリアスな雰囲気と外見だが、性格はおちゃらけていてワガママ。四月一日君尋の願いの対価として、自分の店でバイトとして働く事をほぼ強制的に決めてしまう。 四月一日君尋に何かと美味しい御飯などを作らせ、お使いに行かせてこき使う一方で、彼の事を大切に見守っている面もある。お客は人間からアヤカシまでと幅広く、交友関係も人外とわずである。

百目鬼 静 (どうめき しずか)

四月一日君尋の同級生。誕生日は3月3日。弓道部所属。目つきするどく無愛想だが、女子に人気がある。家は寺で、祖父の百目鬼遙は憑き物落としをしていたという家系。アヤカシは視えないが、魔や邪をよせつけない清浄な気の持ち主で、かつアヤカシを払う力がある。そのため、四月一日君尋にくっつきたいアヤカシによって二人は仲たがいするように仕向けられていて、初対面で大喧嘩をすることになる。 しかし百目鬼静の家の寺で、壱原侑子発案の百物語をすることになってから四月一日君尋とは御飯を食べたりする仲になっていく。四月一日君尋が大怪我をして彼に血を分けるまでは、壱原侑子の店は見えないし入れなかった。

九軒 ひまわり (くのぎ ひまわり)

四月一日君尋の同級生で、四月一日君尋が好きな子。11月27日生まれ。人間だが、関わるだけで他人を不幸の道筋へ導いてしまう存在。それによって、四月一日は生死の境をさまようくらいの怪我を負い、彼を助けるために四月一日に残るはずだった背中の傷跡を自分の背中に引き受けた。 背中に傷跡ができてからツインテールだった髪型を、後ろをおろす髪型にかえた。九軒ひまわりに幸せになって欲しいという四月一日の思いからうまれた鳥をもらう。鳥の名前は蒲公英で、四月一日につけてもらった。

マルダシ

床につくくらい長いツインテールで、悪魔をイメージさせる服を着ている少女。いつもモロと一緒にいる。壱原侑子の店の外には出れない。店の場をささえる存在で、普段は店の中では自由にしているが、店の場が不安定になったときは眠りにつく。壱原侑子のことを主様(ぬしさま)と呼んで慕っている。

モロダシ

セミロングで、天使をイメージさせるような服を着ている少女。いつもマルと一緒にいる。壱原侑子の店の外には出れない。店の場をささえる存在で、普段は店の中では自由にしているが、店の場が不安定になったときは眠りにつく。壱原侑子のことを主様(ぬしさま)と呼んで慕っている。

モコナ=モドキ

壱原侑子とクロウ・リードに作られた、大きな耳みたいな物をもつ丸っこい存在。白と黒の2匹いる。白いほうは異世界からきた小狼と一緒に旅に出る。黒いモコナのほうは壱原侑子たちと暮らすようになる。白と黒で通信ができ、物の転送もできたりする。店の外に出るときはぬいぐるみのふりをしているが、百目鬼静と九軒ひまわりにはばれている。 白いモコナの耳飾は魔法具、黒いほうは封印具。四月一日君尋には言いたい放題で、よく酒とつまみをねだっている。

百目鬼 遙 (どうめき はるか)

百目鬼静の祖父。四月一日君尋とは夢の中で出会い、彼の相談を受けたり、危機を救っている。夢の中の姿は百目鬼静にそっくりな彼の若い頃の姿。かなりの霊力を持ち、憑き物落としをしていた。

座敷童 (ざしきわらし)

四月一日君尋の事が好き。バレンタインデーにチョコを四月一日君尋にあげたくて、百目鬼静が食べたフォンダンショコラを彼の魂とともに持っていってしまったことがある。悪意や邪気に弱いので、いつもは鴉天狗たちと霊気の強い山奥とかに非難している。四月一日君尋からホワイトデーに羽の飾りのついたヘアピンをもらって泣くほど喜ぶ。

五月七日 小羽 (つゆり こはね)

長い髪で、左目の下に泣きぼくろがある少女。霊能力があり、母親がその力を利用して彼女をテレビ番組に出演させている。霊力が無くなるという理由で、母親には精進料理しか食べさせてもらえなかった。母親の言うままに行動していたが、同じ様にアヤカシを視る力がある近い存在の四月一日君尋と出会い変化していく。 後に母親と離れて、壱原侑子の知り合いの霊能力のあるお婆ちゃんの所で暮らすようになる。四月一日君尋とは料理を教えてもらったりと仲がいい。

無月 (むげつ)

雨童女の願いを叶えるための対価として、壱原侑子のところにきた管狐。無月という名前は四月一日君尋に付けてもらた。四月一日の事が大好きで、四月一日の右眼を奪った女郎蜘蛛の事を敵対視している。普段は細長い体型で、煙管入れの中にいたり四月一日にまとわりついていたりする。 四月一日を守って強い力を出すときは九尾の狐の姿になり、狐火を吐く。

小狼 (しゃおらん)

願いを叶えるために、異世界から壱原侑子の店にきた少年。『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』の主人公でもある。四月一日君尋と同じ4月1日が誕生日。白いモコナを通じて、たまに壱原侑子と連絡をとっている。

狐の親子 (きつねのおやこ)

霊能力や魔力の強い者にしか見えない、おでんの屋台を営んでいる狐の親子。侑子とも知り合い。おでんの味は絶品で、四月一日君尋は特に揚げの煮たものがお気に入り。狐の子供に四月一日君尋が持っていた折れた矢の羽をあげ、後に四月一日と百目鬼静が百鬼夜行で妖怪に食べられそうになったとき狐の子供に助けられる。

場所

壱原侑子の店

『XXXHOLiC』で主人公壱原侑子が店主の店。同等の対価を貰って願いを叶えるお店。万人が見えるわけではなく、その店を必要とする者のみにしか見えない。店が見えない人にはただの荒れた空き地にしか見えない。

アニメ

xxxHOLiC

アヤカシを引きつける体質に悩んでいた四月一日君尋は、ある日、引き寄せられるように看板もないミセを訪れる。その出会いを偶然ではなく必然と語る店主壱原侑子の言葉を信じ、アヤカシを引きつける体質改善を願い、... 関連ページ:xxxHOLiC

xxxHOLiC◆継

アヤカシを引きつける体質に悩んでいた四月一日君尋は、体質改善を願い、その対価として壱原侑子のミセでアルバイトをしていた。対価さえ払えばどんな願いも叶うミセで巻き起こる不可思議な事象、アヤカシなどとの出... 関連ページ:xxxHOLiC◆継

書誌情報

xxxHolic 全19巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(2003年7月発行、 978-4063347524)

第2巻

(2003年10月発行、 978-4063347906)

第3巻

(2004年2月発行、 978-4063348415)

第4巻

(2004年6月発行、 978-4063348811)

第5巻

(2004年11月発行、 978-4063349412)

第6巻

(2005年5月発行、 978-4063720150)

第7巻

(2005年10月発行、 978-4063720815)

第8巻

(2006年2月発行、 978-4063721287)

第9巻

(2006年7月発行、 978-4063721683)

第10巻

(2006年11月発行、 978-4063722277)

第11巻

(2007年5月発行、 978-4063722826)

第12巻

(2007年10月発行、 978-4063723649)

第13巻

(2008年6月発行、 978-4063755107)

第14巻

(2009年2月17日発行、 978-4063756562)

第15巻

(2009年6月発行、 978-4063757330)

第16巻

(2009年12月発行、 978-4063758511)

第17巻

(2010年4月発行、 978-4063759068)

第18巻

(2010年10月発行、 978-4063759792)

第19巻

(2011年3月発行、 978-4063760392)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo