尾山 乱太朗

尾山 乱太朗

ボクと魔女の時間(漫画)の登場人物。読みは「おやま らんたろう」。

登場作品
ボクと魔女の時間(漫画)
正式名称
尾山 乱太朗
ふりがな
おやま らんたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

狼のように鋭い嗅覚を持つ「狼人」の裏生物で、ボサボサの赤髪にゴーグルをかけた豪快な性格の青年。六鐘高校の2年生で、綴エンジの先輩にあたる。白雨に惚れており、猛烈なアプローチをかけているが、いつも体よくあしらわれている。自分がどこまで強くなれば満足できるのかを探求しており、日夜不良との喧嘩に明け暮れている。

また、裏世界で「鬼」と呼ばれる凄腕の便利屋、神寿(かみじゅ)をライバル視している。なお、幼少時は病弱でいじめられていたが、田舎に引っ越して新鮮な空気のもとで生活したことで強くなり、「金太郎」と呼ばれる凶暴な熊を打ち倒した経歴もある。それがきっかけで「キンタマ」というアダ名がついてしまったことを気にしている。

登場作品

ボクと魔女の時間

人造人間となって超人的なパワーを手に入れた男子高校生、綴エンジと、喫茶店のマスターとして働く裏で怪しい実験を繰り返す年齢不詳の少女、白雨の2人が、表世界に出せない怪物や超能力者である裏生物の引き起こし... 関連ページ:ボクと魔女の時間

SHARE
EC
Amazon
logo