崇天大聖酋王

悟空道(漫画)の登場人物。読みは「すうてんたいせいしゅうわん」。別称、酋王。

  • 崇天大聖酋王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
悟空道(漫画)
正式名称
崇天大聖酋王
ふりがな
すうてんたいせいしゅうわん
別称
酋王

総合スレッド

崇天大聖酋王(悟空道)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

精霊国の王。狼面を被った精悍な戦士で、悟空とは親友の間柄。人徳を備え民に愛される王だが、紅孩児の凶弾を受け戦闘能力を喪失。やむなく彼の無法を許してしまっている。悟空の力を借りて、紅孩児を倒そうと目論む。真の姿は巨大な白狼。

登場人物・キャラクター

500年前までは獄界傲来国の王として君臨していたが、大暴れの罪により、如来によって五行山に幽閉されていた。玄奘によって救われたのをきっかけに、彼女の弟子となって天竺を目指す旅に加わる。豪放磊落な性格だ...

登場作品

美しく強い心を持った尼僧・玄奘は、妖魔の暮らす獄界の脅威から人の暮らす人界を守るありがたいお経を手に入れるため、七つの獄界を越えた先にある聖地・天竺へ向かうこととなった。弟子の沙悟浄・猪八戒と共に旅を...