幸福喫茶3丁目

喫茶店「カフェ・ボヌール」では、仏頂面のパティシエの進藤咲月とアルバイトの西川一郎が働いていた。そこにアルバイトをしたいと高村潤が現れる。「カフェ・ボヌール」のメンバーと潤の周囲の人々が織りなす、群像ラブ・コメディ。「花とゆめ」2005年1号から2009年18号まで掲載された作品。

正式名称
幸福喫茶3丁目
ふりがな
しあわせきっささんちょうめ
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
花とゆめCOMICS(白泉社)
巻数
全15巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

高村潤は、高校生になって一人暮らしを始めた。ある日入った喫茶店「カフェ・ボヌール」で、彼女は仏頂面のパティシエと、変な店員に出会う。こんな変わった店なのに幸せそうに帰っていくお客さんたちを見て、潤は、ここでアルバイトがしたいと強く思うようになる。パティシエの進藤咲月に直談判をし、潤は晴れて「カフェ・ボヌール」でのアルバイトとして採用されるのだった。

登場人物・キャラクター

高村 潤 (たかむら うる)

元気が取り柄の喫茶店「カフェ・ボヌール」の看板娘。16歳の高校2年生。身長が154センチと低いためよく子供扱いされる。その見た目とは違ってご飯を研ぐ時に米を粉砕してしまうほどの怪力の持ち主。子供と美女が大好きで、安倍川さくらや西川二郎、山崎蜜香には弱い。

進藤 咲月 (しんどう さつき)

喫茶店「カフェ・ボヌール」のパティシエを務める20歳の青年。一人暮らしを始めた高村潤の隣の部屋に住んでいる。幼少期に母親に捨てられ、以降は松本南吉のもとで暮らしていた。無愛想で表情がいつも固いものの、心優しい性格の持ち主。

西川 一郎 (にしかわ いちろう)

喫茶店「カフェ・ボヌール」でアルバイトをしている18歳の少年。誉高という進学校に通っているが、授業中に寝てばかりいたため、留年して2回目の3年生を迎えている。高村潤に想いを寄せているが、潤と進藤咲月との仲を取り持ったりと、不思議な行動が目立つ。

松本 南吉 (まつもと なんきち)

喫茶店「カフェ・ボヌール」のオーナーで、進藤咲月の義父。感動しやすく涙腺がゆるい。咲月には高村潤が必要だと思っており、潤と咲月の仲を取り持とうと頑張っている。

安倍川 柏 (あべかわ かしわ)

和菓子屋「あべかわや」の長男で、高校3年生の青年。安倍川さくらのことを溺愛しているシスコン。女好きで、高村潤が好みにどストライクだったため、潤に会うたびに抱きしめようとしている。

安倍川 草 (あべかわ そう)

和菓子屋「あべかわや」の次男で、高校1年生の少年。当初、喫茶店「カフェ・ボヌール」が「あべかわや」に対して営業妨害をしていると勘違いをして、「カフェ・ボヌール」を敵視していた。それが勘違いだと分かると一転して友好的になった。高村潤のことが好きで、彼女に告白する。

安倍川 さくら (あべかわ さくら)

和菓子屋「あべかわや」の長女で、西川二郎と同じ幼稚園に通っている。安倍川柏と安倍川草とは異母妹にあたるものの、2人に溺愛されている少女。

安倍川 葛 (あべかわ かずら)

安倍川柏、安倍川草、安倍川さくらの父親で、和菓子屋「あべかわや」のオーナー。進藤千年とは高校時代の知り合いで、彼女がどうして進藤咲月を置いて出て行ったのか、その事情を少し知っている。前妻とは死別している。

安倍川 希名子 (あべかわ きなこ)

安倍川葛の後妻で、安倍川さくらの母親。安倍川柏と安倍川草にとっては義母にあたる。和菓子屋「あべかわや」を実質的に切り盛りしている女将。柏や草には厳しく接しているが、それは母親としての愛情あってのこと。

高村 由紀恵 (たかむら ゆきえ)

高村潤の母親で、36歳。旧姓は春日。23歳の時に、潤の父親である時枝光志が亡くなったため、看護師の仕事をしながら潤を育ててきた。今は高村尚輝と再婚し、幸せな夫婦生活を送っている。高村由紀恵と尚輝との新婚生活を邪魔したくないという潤の気持ちは理解しているものの、潤とも一緒に暮らしたいという思いから、無理難題をふっかけては家に戻ってくるように伝えている。

時枝 光志 (ときえだ こうし)

高村潤の実の父親で、故人。かつて高村由紀恵が初めて結婚した相手。潤が生まれて暫くは平和な日常だったが、潤を交通事故から守った際の負傷がもとで死亡している。時枝健志の母親である志信の兄。

高村 尚輝 (たかむら なおき)

高村由紀恵と再婚した男性。高村潤にとっては養父にあたる。潤を溺愛しており、潤に近づく男、特に進藤咲月に対しては嫉妬心をあらわにする。本当は潤と暮らしたいが、一人暮らしをしたいという潤の希望を尊重し、陰から見守っている。

時枝 健志 (ときえだ けんし)

高村潤に憧れる、小学6年生の男の子。小さい頃から潤のことが好きだったが、潤にはまったく意識されていない。勝手に進藤咲月と西川一郎を目の敵にしている。鈍感な性質で、自身が月城千代から好意を寄せられていることには気づいていない。

山崎 蜜香 (やまざき みつか)

人気モデルの女子高校生。喫茶店「カフェ・ボヌール」の常連客で、高村潤のことが大好き。食べることが好きで、「カフェ・ボヌール」に来た際には、大抵「とりあえずケーキ4つ」から注文がスタートする。潤が進藤咲月か西川一郎と付き合うことを望んでおり、自身は鈴木に想いを寄せている。

西川 二郎 (にしかわ じろう)

西川一郎の弟で、6歳の幼稚園児の男の子。身体が弱く、一人で出歩いてはよく倒れている。母親の趣味で女装をさせられることが多く、一見では男の子か女の子か分からない。

進藤 千年 (しんどう ちとせ)

進藤咲月の実の母親。シングルマザーとして女手ひとつで咲月を育てていたが、途中で行方不明になっていた。実は咲月と別れてからは絵本作家として活動している。

月城 千代 (つきしろ ちよ)

時枝健志の同級生の女の子。見た目は金髪碧眼で派手だが、日本語しか話せないハーフの子供。心無い男の子から、揶揄されたりいじめられたりしてきたため、男の子が苦手。唯一、健志に対してのみは普通に接することができる。

井上 有 (いのうえ たもつ)

進藤咲月の小学校時代の友人で、現在は大学生の青年。喫茶店「カフェ・ボヌール」に度々訪れては咲月の心をひっかきまわしていくが、根は悪い人物ではない。高村潤と咲月が早く付き合えばいいと思っている。

桜庭 三明 (さくらば みつあき)

洋菓子チェーン店「ブロッサム」の店長を務める男性で、進藤咲月の実の父親。高村潤を「ブロッサム」に引き抜こうとし、そのために喫茶店「カフェ・ボヌール」に嫌がらせをした。

有本 壱 (ありもと いち)

高村潤のクラスメイトで、友人の女子高校生。身長が177センチもあり、ボーイッシュな印象。潤が喫茶店「カフェ・ボヌール」でアルバイトをしない日には、よく一緒に遊んでいる。相沢一とは幼なじみだが、彼から好意を寄せられていることに気づいていない。

土田 雄飛 (つちだ ゆうひ)

高村潤のクラスメイトで、友人の男子高校生。母子家庭のうえ双子の弟妹がおり、家にお金を入れるためにアルバイトをしている。幼なじみの山根清香に想いを寄せていて、のちに恋人になる。

相沢 一 (あいざわ はじめ)

高村潤の学校の生徒会長を務める男子高校生。常に涼しげな顔をしているが、裏での努力を欠かさない努力家でもある。有本壱に好意を抱いており、壱に近づく男たちを排除しようとしている。

山根 清香 (やまね さやか)

高村潤の学校の生徒会会計を務める女子高校生。幼なじみである土田雄飛に好意を抱いているが、母親に告白することを止められている。しかし、潤たちが立てた計画によって無事、雄飛と付き合うことになる。

鈴木 (すずき)

山崎蜜香の家、山崎家に仕える執事の男性。蜜香に想いを寄せているが、なかなか告白できずにいる。かつて虐待を受けており、15歳の時に家を追い出され、路頭に迷っていた。その際に蜜香の父親に拾われ、山崎家に仕えるようになった。

場所

カフェ・ボヌール (かふぇぼぬーる)

進藤咲月、西川一郎、高村潤が働いている喫茶店。潤と一郎の掛け合いが名物で、それを目当てに足を運ぶお客さんも多い。オーナーは松本南吉だが旅行に出ていることが多く、滅多に店には顔を出さない。

あべかわや

安倍川葛がオーナーを務める和菓子屋。安倍川柏、安倍川草が手伝いをしている。安倍川希名子が女将として店を切り盛りしている。売り子はほとんど、柏か草が務めている。

書誌情報

幸福喫茶3丁目 全15巻 〈花とゆめCOMICS〉 完結

第1巻

(2005年7月19日発行、 978-4592183112)

第2巻

(2005年11月18日発行、 978-4592183129)

第3巻

(2006年3月17日発行、 978-4592183136)

第4巻

(2006年7月19日発行、 978-4592183143)

第5巻

(2006年11月17日発行、 978-4592183150)

第6巻

(2007年1月19日発行、 978-4592182481)

第7巻

(2007年4月19日発行、 978-4592182498)

第8巻

(2007年8月17日発行、 978-4592182504)

第9巻

(2007年12月18日発行、 978-4592182894)

第10巻

(2008年4月18日発行、 978-4592182900)

第11巻

(2008年8月19日発行、 978-4592182917)

第12巻

(2008年12月19日発行、 978-4592182924)

第13巻

(2009年4月17日発行、 978-4592185697)

第14巻

(2009年8月19日発行、 978-4592185703)

第15巻

(2009年11月19日発行、 978-4592185802)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo