愛しの彼女は隠れオタク

愛しの彼女は隠れオタク

3年も付き合っているのに会えるのは月イチ程度、職業も教えてもらえず、家にもあげてもらえない。美しく自慢の彼女はBL漫画家だった。堅物で天然なメガネ教師の成瀬岳と、彼氏よりBLが一番の女性漫画家、音子とのコメディ漫画。音子の顔が好きすぎる成瀬は、音子のおかしな行動や言動をすべて「天然でかわいい」と許してしまう。1話12ページほどのショート作品で、BL好き女子のあるあるがふんだんに盛り込まれている作品。小学館「flowers」2020年2月号から連載の作品。

正式名称
愛しの彼女は隠れオタク
ふりがな
いとしのかのじょはかくれおたく
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

教師歴5年の成瀬岳は、授業の後、男子生徒に「彼女がすごい美人ってマジすか?」と声をかけられる。「確かに美人だが見せるつもりはない」と答える成瀬。他の男子生徒が「ええ~、見せて~」と割り込んできて、自分たちの話に夢中になった彼らは、この後、一緒に筋トレするという話になり、成瀬はおいてけぼりにされる。1か月ぶりに彼女の音子と会った成瀬は、デート中にその話をすると音子は前のめりになって、男子生徒の話を聞き始める。彼らの写真を見せてもらい、「筋トレを誘ったのはどっち?」と詳細を尋ねる。音子は目を光らせたり、感動して泣いたりして「飛んで火にいる夏の受け……だな」とつぶやく。成瀬は「それを言うなら虫だ」と真面目に答え、音子のことを天然でかわいいと思う。音子は彼の考えを察知していて「天然なのは君のほうだ」と心の中でつぶやく。付き合い始めてから3年。成瀬は結婚も考えていたが、音子の職業は作家ということしか知らず、彼女の部屋に入れてもらえたこともなかった。デート中、原稿のミスが見つかり、家に帰るという音子を車で送り届ける成瀬。結婚を考えるならもっと踏み込んでもいいのかもと車の中で物思いにふけっていると、二人の女性が車の中を覗(のぞ)き込んで、「山猫先生の彼氏さんですよね」とメガネ教師の成瀬に挨拶をしてきた。「やまねこ」という名前に困惑した成瀬を見て「音子先生の仕事仲間です」と慌てて言い直した。音子はBL漫画家で、彼女たちはアシスタント。音子はそのことを成瀬に隠していた。しかも、音子は彼氏よりボーイズラブを愛しており、成瀬に彼氏ができたら、そのカップルと付き合いたいとさえ思っていた。音子は腐女子であることを隠しながらも、BL愛があふれてしまい、時折不可解な行動をとるが、音子のことが好きすぎる成瀬は、すべて自分の良いほうに解釈してしまうのであった。

登場人物・キャラクター

音子 (ねこ)

「山猫」というペンネームで活動している人気BL漫画家の女性。整った顔立ちの美人で、髪は腰までの長さの黒髪ストレート。オタク、腐女子、BL漫画家であることを隠して成瀬岳と付き合っている。付き合うきっかけも、メガネの教師であったことが大きい。物が多く、部屋は散らかっており、風呂は3日入らなくても構わない。彼氏よりもBLを愛し、成瀬に彼氏ができたら、そのカップルと付き合いたいとさえ思っている。成瀬の前では清純な女性を装っているが、興奮すると大きな声を出したり、不可解な行動をとる。

成瀬 岳 (なるせ がく)

高校教師の男性。メガネをかけており、細身で、前髪を左側から分けている。音子と付き合って3年がたち、結婚も考えている。帰宅してすぐ風呂に入り、店にマイ箸を持ち込むほどの潔癖症。音子のことが好きすぎて、不可解な行動をしても「天然でかわいい」と思ってしまう。教師歴は5年ほど。

SHARE
EC
Amazon
logo