掛井 保

あすなろ白書(漫画)の登場人物。読みは「かけい たもつ」。

  • 掛井 保
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あすなろ白書(漫画)
正式名称
掛井 保
ふりがな
かけい たもつ

総合スレッド

掛井 保(あすなろ白書)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

東大の法学部に入り、大蔵省に勤めて世の中を動かすことを目標としている。父親の顔を知らず、仲居をしている母親と二人暮らし。頭が切れて人当たりも良く、なんでもこなせてしまう器用さを持つが、どこか冷めた空気を纏っている。園田なるみのことは初めて会ったときから気になってはいたが、自分自身への不安や現在交際している砂田トキエの存在もあって一歩踏み出せずにいた。

そんな時に取手治なるみのことが好きだと気が付き、彼女に取手を好きになってくれないかと依頼してしまう。

登場人物・キャラクター

大学推薦を貰えるほどの陸上選手だったが、きつい練習から逃げて一般入試を目指し予備校に入った少女。誤って特進クラスに入ってしまうが、そこで長い付き合いをしていく友人たちと出会うことになる。周囲からよく可...
元レディースの頭を務めていた少女。掛井保の現在の交際相手でもある。シンナーの常用者であり、とろんとした目つき。掛井に気を持ち、また掛井も気になっている園田なるみに嫉妬し、嫌がらせを行う。

登場作品

高校三年間を陸上部に費やしてきた園田なるみは心機一転し、推薦を蹴り一般入試を目指して予備校に通う。間違えて特進クラスへの希望を出してしまったなるみだが、彼女はそこで掛井保、取手治、東山星香、松岡純一郎...