攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

技術が進歩した日本で巻き起こる事件を、公安9課が解決する姿を描いたSF漫画。『攻殻機動隊』はアニメや別の作家の原作として使われているが、義体化や電脳化などのキーワードは共通となっている。衣谷遊が描く「STAND ALONE COMPLEX」は、士朗正宗原作の『攻殻機動隊』から生まれた派生作品の1つ。

正式名称
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
作者
原作
ジャンル
SF一般
レーベル
KCデラックス ヤングマガジン(講談社)
巻数
既刊5巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

電脳化義体化により、著しい技術の進歩を見せた日本。それと同時に、新たな技術を悪用したこれまでは考えられなかったサイバーテロや犯罪も数多く発生するようになっていた。その被害を未然に防ぐことを目的に作られた公安9課は、草薙素子を中心にさまざまな犯罪鎮圧に奮闘する。

登場人物・キャラクター

草薙 素子

公安9課に所属する、全身の義体化と電脳化を施している女性。階級は少佐。戦闘に置けるプロフェッショナルで、電脳戦においても無類の強さを誇る。物事に対しては常に冷静で、発生する犯罪を善悪だけで見ることはない。同じく全身を義体化している同僚のバトーとは軽口を叩きあう仲。

荒巻 大輔

公安9課をまとめる課長。義体化はしておらず、電脳化のみ行っている。さまざまな企業とのパイプや人脈を持ち、迅速な対処が求められる公安9課のトップに相応しい人物。合理的に問題解決を図ることができる一方、犯罪を憎んで人を憎まずの人間臭い一面も持つ。

バトー

全身を義体化し、電脳化している戦闘のプロ。草薙素子と一緒に現場に出ることが多く、銃器や体を使って犯罪者の確保や事件鎮圧に当たる。いつも軽口を叩いており、公安9課の中ではムードメーカー的な存在。しかし、戦闘に関しては妥協を許さず、躊躇する仲間を叱責することもある。

トグサ

電脳化だけ行い、義体化をまったくしていない元刑事。高い捜査能力などを買われ、草薙素子によって公安9課に引き抜かれる。始めは公安9課のやり方になじめない部分も多かったが、草薙やバトーと一緒に仕事をしていくなかで考え方に変化が生まれてくる。公安9課の中で唯一の所帯持ち。

タチコマ

公安9課に配備されている多脚型の戦車。人工知能がセットされており、草薙素子などの命令を聞いて自律行動できる。公安9課のメンバーが乗り込むことも可能で、さまざまな活用法を誇る。搭載された人工知能は個性豊かで、各タチコマごとに細かく性格が異なる。

集団・組織

公安9課

日本で起こるさまざまなサイバーテロや難事件を、未然に防ぐことを目的に作られた組織。草薙素子を筆頭に優秀な人物がそろっており、一人一人が各部門のエキスパートであることが多い。各自が上からの命令だけでなく「自分にできること」を考えて動くことをモットーとしている。

その他キーワード

義体化

体の一部、もしくは全身を機械に置き換えること。もともとは義手・義足の発展形であり、その中に機械技術が加わったものである。義体化を宗教的に禁忌としている集団もあり、その思想のズレがもとで事件や暴動が起こることもある。

電脳化

脳をインターネットと直接つなぐことができる技術。自由にインターネットを閲覧することができ、あらゆる情報を簡単に共有することが可能。また、電脳化している者同士であれば、インターネットを介して直接会話することもできる。

書誌情報

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 既刊5巻 〈KCデラックス ヤングマガジン〉 連載中

第1巻 SECTION9

(2010年4月6日発行、 978-4063758931)

第2巻

(2010年11月5日発行、 978-4063759891)

第3巻

(2011年8月5日発行、 978-4063760996)

第4巻

(2012年3月6日発行、 978-4063766028)

第5巻

(2013年3月6日発行、 978-4063767759)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo