電脳コイル

電脳コイル

舞台はメガネ型コンピューター「電脳ネガネ」が普及した近未来。ヤサコとイサコという二人の少女を中心に、子供たちが電脳空間で起こる不思議な事件に関わっていくさまを描く。原作は磯光雄のアニメーション『電脳コイル』。設定、登場人物は原作と同一だが、ストーリーは本作オリジナルのものとなっている。

正式名称
電脳コイル
原作者
磯光雄
原作者
徳間書店
原作者
電脳コイル製作委員会
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
ちゃおコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

202X年・「電脳メガネ」と呼ばれるメガネ型コンピューターが普及した世界。小此木優子(ヤサコ)は電脳都市・大黒市に引っ越すことに。彼女が転校初日に出会ったのは、もう一人の転校生・天沢勇子(イサコ)。控えめなヤサコとクールなイサコ、正反対な二人は、やがて電脳空間で起こる事件に巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

小学6年生の少女。ヤサコというあだ名は本名の「優子」を訓読みしたものに由来する。父の転勤で金沢から大黒市に転校してきた。フミエやイサコと出会い、電脳空間で起こる事件に巻き込まれていくことになる。電脳関... 関連ページ:ヤサコ

小学6年生の少女。ヤサコと同じ日に転校してきた。イサコというあだ名は本名の「勇子」を訓読みしたものに由来する。クールな性格で、電脳関連の技術にも長けている。「あるもの」を探している。 関連ページ:イサコ

小学6年生の少女。転校してきたヤサコが初めて出来た友達。気が強く、おせっかい焼きな性格。電脳関係のトラブルを解決する、コイル電脳探偵局の一員。 関連ページ:フミエ

小学6年生の少年。ヤサコのクラスメイト。電脳を使ったイタズラを仕掛けるグループ大黒黒客のリーダー。フミエとは犬猿の仲。 関連ページ:ダイチ

小学6年生の少年。ヤサコとは別のクラスに所属。生物部部長兼、コイル電脳探偵局の一員。無表情で不思議な雰囲気を持つ。 関連ページ:ハラケン

ヤサコの妹。元気で好奇心旺盛。口癖は「ウンチ!」。 関連ページ:京子

ヤサコの祖母。駄菓子屋「メガシ屋」の店主。コイル電脳探偵局の局長でもある。 関連ページ:メガばあ

電脳メガネの研究者。元コイル電脳探偵局の一員。ハラケンの叔母で、彼を溺愛している。 関連ページ:タマコ

その他キーワード

電脳メガネ

『電脳コイル』に登場する用語。メガネ型のウェアラブルコンピューター。かけるだけで電脳空間に接続し、電脳ペットなどの拡張現実を体験することが出来る。 関連ページ:電脳メガネ

リンクス

『電脳コイル』に登場する用語。空間転移プログラム。これを使うとリンクス間を瞬時に移動することが出来る。いわゆるワープゲート。アニメ版には登場しない設定である。 関連ページ:リンクス

クレジット

原作

, ,徳間書店 ,電脳コイル製作委員会

SHARE
EC
Amazon
logo