斉艶極崇瓢濡暴天大聖魔王

悟空道(漫画)の登場人物。読みは「せいえんきょくすうひょうじゅぼうてんたいせいまおう」。別称、魔王。玄奘とはライバル関係。

  • 斉艶極崇瓢濡暴天大聖魔王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
悟空道(漫画)
正式名称
斉艶極崇瓢濡暴天大聖魔王
ふりがな
せいえんきょくすうひょうじゅぼうてんたいせいまおう
別称
魔王

総合スレッド

斉艶極崇瓢濡暴天大聖魔王(悟空道)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

羅刹女の夫で紅孩児の父。火焔山に住む獄界の伝説の王。天竺にあるありがたいお経が、獄界の妖魔たちを滅ぼすものと懸念し、玄奘たちの行く手を阻む。巨大化した悟空よりもはるかに巨大な体を持ち、頭部には牛の角を備えている。他者の心の弱い部分を増幅して正気を失わせる能力を持っている。

登場人物・キャラクター

濡れるような美貌を備えた人界の尼僧。帝の命で「ありがたいお経」を手に入れるため、沙悟浄、猪八戒ら二人の弟子と共に天竺へ旅に出る。心から仏道に帰依し、深い慈愛と思いやりの心を併せ持つ徳人。自己を戒める気...

登場作品

美しく強い心を持った尼僧・玄奘は、妖魔の暮らす獄界の脅威から人の暮らす人界を守るありがたいお経を手に入れるため、七つの獄界を越えた先にある聖地・天竺へ向かうこととなった。弟子の沙悟浄・猪八戒と共に旅を...