新潟港

新潟港

登場作品
わたしは真悟(漫画)
正式名称
新潟港
ふりがな
にいがたこう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『わたしは真悟』に登場する、佐渡島への連絡船が出る新潟県の港。サトル ワタシハ イマモ アナタガ スキデス マリンというまりんのメッセージを伝えるため、さとるの行方を追った真悟が、最後にさとるに再会した場所。メインアームだけになった真悟は、さとるの血痕の上に「アイ」の2文字を残そうとするが、最後の縦線を書く前にエネルギーを使い果たす。

佐渡島から小型船で戻ったさとると再会した時、その歩いてくる振動に合わせることで縦線を引き、「アイ」を完成させて動かなくなる。

登場作品

わたしは真悟

1982年、町工場の産業用ロボットに自我が芽生えた。自分を遊び相手にしていた小学生の男女を親と認識し、2人の名を取って真悟を名乗り、その行方を捜す。世界中のコンピューターと繋がり進化していく真悟は、人... 関連ページ:わたしは真悟

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
わたしは真悟
logo