最強ボスザル伝アラシ!!!

最強ボスザル伝アラシ!!!

凶悪なサル達が集う私立学園に入学したサルの少年が、学園の頂点を目指して戦い続ける熱血バトルストーリー。「最強ジャンプ」2014年11月号から不定期連載の作品。

正式名称
最強ボスザル伝アラシ!!!
作者
ジャンル
バトル
レーベル
ジャンプコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

アラシ入学(第1巻)

血に飢えた荒くれ者のサル達が集う「私立猿山学園」。荒廃した学園に入学して来たアラシは、在校生の1年生、サブとなかよくなり、この学園にボスピラミッドという階級制度が存在し、その頂点に立つ「大ボス」によってすべてが支配されている事を知る。その後、1年生の「学年ボス」であるラリゴに呼び出されたサブは、ラリゴが提案した「オレ様の遊び相手を連れて来たヤツを、オレ様の右腕であるNO.2にする」という約束を信じ、アラシをラリゴに引き渡してしまう。しかし、その約束は容赦なく反故にされ、サブはアラシといっしょに痛めつけられるのだった。傷心するサブを見たアラシは怒りを爆発させ、強烈な申技を発動してラリゴを叩きのめしたうえで、自分が学園の頂点に立つ事をサブに宣言する。「学年ボス」を倒した事で一躍名を挙げたアラシは、1年B組のボス、竜二と知り合い、彼が計画する祭りの準備を共に進めながら、交流を深めていく。 頭角を現したアラシ達に目をつけた学園の諜報部員、ジョーカーは、大ボスの申技の力を借り、竜二のクラスメイトを催眠状態にして、祭り用に作っていたやぐらを破壊。そのままアラシ達をも潰そうとするが、アラシの放った一撃によって撃退されるのだった。竜二のクラスメイトが謎の炎「催眠炎」によって操られていた事を知ったアラシは、その炎の申技を使う大ボスの正体が、自身の兄である事をみんなに明かす。

一年凶争開始!!(第1巻~第2巻)

「学年ボス」の座を賭けて1年生のボスが登山競争をする名物行事、一年凶争に参加するため、アラシをはじめとするボスが「剛争山」に集結した。しかし、「悪魔の二年」と呼ばれる組織委員会が行ったルール変更によって、舞台となる剛争山には数々の凶悪なトラップが仕掛けられたため、死ととなり合わせの過酷な競争となってしまう。無事に第1関門を突破するが、第2関門に出現した、土で作られた土戦士の前に大苦戦を強いられたアラシ達は、全員の力を合わせて土戦士を撃破。アラシ達は競争の中で、徐々に単なるライバルを超えた信頼関係を築いていく。しかし、山の中に作られた2つのトンネルを進むため、二手に分かれた一行は、1年D組のボス、B.Bの裏切りと毒ガスによる攻撃で、半数のボスが倒されてしまう。彼の裏切りを見抜いたアラシによってB.Bは倒され、回復したボスと、改心したB.Bを再び仲間に入れ、一行は登山を再開しようとするが、そこに2年生の委員長であるルキフェルが出現。B.Bを一撃のもとに倒したうえで、残る1年生のボスを亡き者にしようと戦いを挑んで来るのだった。強力な魔申技の使い手であるルキフェルの圧倒的な力の前に多くのボスは倒され、最後に残ったアラシも敗勢へと追い込まれてしまう。そんな中、ボロボロになりながらも、わずかに残った申技力を渡してくれたボス達の心意気に感じ入ったアラシは、すべての申技力を解放してルキフェルを撃破。一年凶争は1年生の勝利に終わるが、そんな彼らの健闘を、突如として現れた「大ボス」のオウガが称えるのだった。

豆まき大会(第2巻)

「学年ボス」となったアラシは、最初の仕事として、学園の名物行事である「バトル豆まき大会」に参加する事になった。順調に勝ち進み、とある事情から一年凶争に不参加だった1年K組のボス、タカシとの決勝戦を迎えたアラシは、「自分が一年凶争に参加していれば間違いなく学年ボスだった」と語る自信過剰なタカシを、一撃で叩きのめす。

お花見(第2巻)

アラシは、差出人不明の手紙に書かれていたお花見の誘いを受け、学園内にある巨大なボス桜のもとを訪れる。そこにはほかの1年生のボスも集結していた。手紙の差出人であるシークの指示で、ボス桜に登る事になったアラシ達は、それぞれの能力と特性を活かして頂上を目指すのだった。

登場人物・キャラクター

アラシ (アラシ)

前髪の一部が赤い、サルの少年。明るく能天気な性格で、おにぎりが何よりも大好き。兄であるオウガが「大ボス」を務める「私立猿山学園」に入学し、オウガを倒して大ボスになる事を目標としている。男気とリーダーシップに優れたタイプで、一度は自身を裏切ったサブを見捨てずに友人として助けるなど、優しい心の持ち主。風の申技を修得しており、自由自在に風をあやつる事ができる。 「申技力」を増幅させる「申煌石」を、首飾りの形で身につけている。

サブ (サブ)

背が低いサルの少年。「私立猿山学園」の生徒で、学園のNo.2になる事を目指している。アラシの最初の友人になるが、No.2の座を約束するというラリゴの甘言に騙され、アラシを裏切ってしまう。それでも自分を見捨てなかったアラシに心酔し、それ以後はアラシのよき友人としていっしょに行動するようになる。取り立てて特技はないが、アラシにあこがれる事で育まれた、苦境にもめげない強い精神力が持ち味。

オウガ (オウガ)

ほかを圧倒するほどに巨大なサル。性別はオス。「私立猿山学園」の生徒で、学園の頂点に君臨する「大ボス」。アラシの兄で、アラシと同じ首飾りをしている。学園に入学したアラシの動向を、諜報部員のジョーカーを通じて探らせていた。炎の申技の使い手で、その体からは周囲を威圧し、圧倒する強大な「氣」が放たれている。

竜二 (リュウジ)

鉢巻を巻いたサルの少年。「私立猿山学園」の生徒で、1年B組のボス。ラリゴを倒したアラシの噂を聞きつけ、彼の前に姿を現す。これまでに経験した喧嘩は5000下らず、「ケンカ玉の竜二」の異名を取るほどの喧嘩好き。同時に仲間思いな性格で、クラスメイトからの信頼は非常に厚い。電気をあやつる申技の使い手。

ルキフェル (ルキフェル)

氷のような微笑を称えるサル。2年生の「学年ボス」で、性別はオス。「私立猿山学園」の2年生で、一年凶争の組織委員会を束ねる委員長でもある。表面的な態度や物腰は柔和だが、極めて残虐な性格をしており、一年凶争では、1年生のボス達を潰すための凶悪なトラップの数々を、舞台となる「剛争山」のあちこちに仕掛けていた。1年前の一年凶争に参加した際、ほかの1年生のボスを容赦なく再起不能にした事で周囲から恐れられており、「魔王ルキフェル」の異名を取る。 禁断の技とされている魔申技を使える強者で、その強大な力でアラシを叩きのめそうとした。

ジョーカー (ジョーカー)

ピエロのような姿をしたサル。性別はオス。「私立猿山学園」の生徒で、「大ボス」であるオウガの命を受け、学園に入学したアラシの動向を探っていた。目的のためなら、ほかのサルがどうなろうと一顧だにしない残虐な性格。

シーク (シーク)

老人のサル。性別はオス。顔をフードで覆って正体を隠し、1年I組のボスとして一年凶争に参加していた。その正体は医療係で、命を落とす危険すらある一年凶争の中で、負傷したサルを治療する役割を担っていた。しかし、そんな表向きの理由をアラシは直感的にウソであると見抜く。

タカシ (タカシ)

小太りなサルの少年。「私立猿山学園」の生徒で、1年K組のボス。派手な眼鏡をかけており、かなり自信過剰な性格の持ち主。寝坊してて一年凶争に参加できなかった事を悔やんでおり、自分こそが「学年ボス」にふさわしいとアキラに力説していた。

B.B (ビービー)

アフロヘアにサングラスをかけたサルの少年。「私立猿山学園」の生徒で、1年D組のボス。語尾が「でしたYO」「ございまSU」のようにローマ字になるのが特徴。一年凶争に参加していたが、貧しい暮らしを強いられているクラスメイトを助けるため、ルキフェルの口車に乗ってアラシ達を裏切ってしまう。

土戦士 (ゴーレム)

土で作られた巨大な戦士。一年凶争に参加していたアラシ達を撃退するため、2年生が送り出した。「申技力」を吸い取る特殊な土で作られているため、攻撃した申技の使い手は、気づかないうちにその力の大半を奪われてしまう。

イベント・出来事

一年凶争 (イチネンキョウソウ)

「私立猿山学園」の1年生のボスが集い、「剛争山」を舞台に登山競争をする恒例行事。勝利した者は「学年ボス」となり、その学年の頂点に君臨する事になる。2年生はルキフェル、1年生はアラシが「学年ボス」に就任している。

その他キーワード

ボスピラミッド (ボスピラミッド)

「私立猿山学園」に存在する階級制度。「大ボス」「副ボス」「エリアボス」「学年ボス」「クラスボス」「一般ザル」という序列になっており、上位のサルによって下位のサルが支配される構造になっている。頂点に立つ「大ボス」は学園を牛耳る絶対的な存在。

申技 (ジンギ)

一部のサルが生まれつき持っている超常的な能力の総称。風や炎を自在にあやつる事ができるなど、その能力にはさまざまなバリエーションが存在する。圧倒的な戦闘力を発揮するため、「私立猿山学園」のボスのほとんどは、申技の使い手となっている。

魔申技 (マジンギ)

申技が「魔」の力でパワーアップしたもの。禁断の秘技とされており、並外れた精神力や肉体を持った者でないと、使いこなす事はできない。ルキフェルがアラシと戦った際に発動した。

SHARE
EC
Amazon
logo