朔原 敬四郎

朔原 敬四郎

そりゃないぜBABY(漫画)の登場人物。読みは「さくはら けいしろう」。

登場作品
そりゃないぜBABY(漫画)
正式名称
朔原 敬四郎
ふりがな
さくはら けいしろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

物腰やわらかなイケメン小説家。早くに両親をなくしていて、姉がたった一人の家族だったが、姉も事故で亡くなってしまう。家族のいない寂しさをよく理解している敬四郎は、彼女の4人の子供達を引き取って育てることにした。文学賞をとるほど、小説家としては成功しているが、仕事が煮詰まるとフラっと旅に出てしまうこともあり、子供達からは今ひとつ親としての信用を得ていない。

イケメンなので、アタックしてくる女性は多いが、彼は子供達を最優先に考えている。子供達の存在をマスコミに公表しないのは、子供達に迷惑がかからないように細心の注意を払っているため。

関連人物・キャラクター

朔原 こだま

朔原家の長男。開立中学3年生。運動神経のいい元気な男の子。ぶっきらぼうだが、本当は優しい性格。長兄として、弟や妹をいつも心配している。弟の朔原ひかりに同学年の三上宏明がつきまとっているのが気にいらず、よく邪魔をする。怪談話は苦手。石野桃子がのことが好きだが、言い出せずにいる。

登場作品

そりゃないぜBABY

石野桃子は小説家・朔原敬四郎の家に家政婦としてやってきた。朔原は亡くなった姉の子供達と暮らしていたが、彼らには微妙に距離感があった。朔原家の人々と家政婦桃子の日常を描いた作品。 関連ページ:そりゃないぜBABY

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
石野 桃子
新井 拓也
logo